レッドソックスのフォロー解除でチャンス到来? 鈴木誠也が見せた“SNS上の動き”にヤンキース専門メディアが反応

レッドソックスのフォロー解除でチャンス到来? 鈴木誠也が見せた“SNS上の動き”にヤンキース専門メディアが反応

複数のMLB球団から熱視線が送られる鈴木。ロックアウト解除後の争奪戦は必至だ。写真:金子拓弥(THE DIGEST写真部)

今オフ、広島カープからポスティング・システムでのメジャー挑戦を表明した鈴木誠也。メジャー球団との交渉が凍結しているロックアウト期間中にも、その移籍動向を追う現地メディアの報道が後を絶たない。

【動画】MLBスカウトをも唸らせる一撃! 鈴木誠也が放った特大アーチをチェック

 先日は、鈴木の公式インスタグラムがボストン・レッドソックスのアカウントをフォローしたことにより、様々な憶測が広がった。しかし、その後フォローからレッドソックスが外され、今回は、こうしたSNS上の動きにニューヨーク・ヤンキースの情報を発信する米専門メディア『Yanks Go Yard』が着目している。

 現地時間12月14日、同メディアは「セイヤ・スズキのインスタグラムの動きでヤンキースにチャンス到来?」とのタイトルで記事を掲載。「残念なことにスズキはインスタグラムでレッドソックスをフォローしていたが、この件が与える奇妙な影響を考慮してか、をそのフォローを外したのだ!」と興奮気味に綴った。
  また、記事内では「スズキがフェンウェイとどう理想的にフィットするかについて書かれすぎている」と不満のコメントも。6日に掲載した記事では「レッドソックスにスズキを奪われるわけにはいかない」したうえで、“鈴木獲得”へ向けて次のように太鼓判を押していた。

「ニューヨークは外野陣の強化を必要としており、真の先発中堅手がいない。ジョーイ・ギャロが左翼のポジションでプレーしていることを考えると、優れた打撃能力を持つ多才なディフェンスの存在は、あらゆる変化を生み出す可能性があるのだ」

 現時点でロックアウトが解除されるのは、2月のスプリングトレーニング開始時期がひとつの目安と見られている。選手会との新労使協定を巡る交渉が締結された後、はたして日本球界屈指のタレントはどの球団を新天地として選ぶのだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!

【PHOTO】いざ、メジャー挑戦へ! 「広島の至宝」鈴木誠也のベストショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)