「スズキに目が行くかも」エンジェルスに鈴木誠也獲得の可能性。外野手放出なら視野に

「スズキに目が行くかも」エンジェルスに鈴木誠也獲得の可能性。外野手放出なら視野に

メジャー球団から引く手あまたの鈴木は、果たしてどのチームを選ぶのか。(C)Getty Images

現在、ロックアウト中のため、FA選手との交渉含めすべての活動が停止となっているメジャーリーグ。広島カープからFAになった鈴木誠也の交渉も足踏み状態が続いているが、その移籍動向を追う現地メディアの報道は連日盛り上がりを見せている。

 鈴木の代理人を務めるジョエル・ウルフ氏によれば、「8球団以上、15球団未満」が、すでに鈴木に接触をしてきたという。レッドソックス、ヤンキース、フィリーズなど名だたるチームの名前は上がるものの、大谷が所属しているロサンゼルス・エンジェルスから鈴木獲得に関しては積極的な声は聞こえてこなかった。

 というのも、エンジェルスは今オフ、投手の補強に努めており、すでに先発のノア・シンダーガード、リリーフのアーロン・ループとライゼル・イグレシアス、スウィングマンのマイケル・ローレンゼンと契約している。
  しかしながら、エンジェルスは超大物と言われる投手の獲得には成功しておらず、エンジェルス専門サイト『Hallo Hangout』のエバン・デサイ記者は、「エンジェルスが今後大物先発投手を獲得した場合、ブランドン・マーシュやジョー・アデルのようなが若手有望外野手とのトレードの可能性もあり、その場合、スズキの獲得に目が行くかもしれない」と示唆している。

 同記者は「エンジェルスはオオタニを育て、その能力を最大限に引き出し、日本のプロ野球選手がメジャーリーグでプレーするのを非常に早く適応させることができることを証明した」と述べた。

 そうした意味では鈴木が活躍できる場として、エンジェルスは適した環境なのかもしれない。
 
 大谷と鈴木、2人の日本屈指のスラッガーが同じチームで活躍するのはファンにとっては夢のような話ではあるが、はたしてエンジェルは鈴木獲得に本気で名乗りをあげるのか。今後の動向から目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、イチロー、松井秀喜、ダルビッシュ…MLBで活躍した歴代日本人選手を一挙振り返り!

【PHOTO】いざ、メジャー挑戦へ! 「広島の至宝」鈴木誠也のベストショットを一挙公開!

関連記事(外部サイト)