「勝つつもりがないチームが多すぎる!」球界の“ご意見番”シャーザーがオーナーたちに激怒。「若手の夢を利用している」とも<SLUGGER>

「勝つつもりがないチームが多すぎる!」球界の“ご意見番”シャーザーがオーナーたちに激怒。「若手の夢を利用している」とも<SLUGGER>

選手会代表の一人を務める大投手シャーザー。労使交渉が決裂した理由をオーナーへの批判で説明している。(C)Getty Images

ロックアウトに突入してから1ヵ月以上が経ったMLBだが、その後もまったくと言っていいほど動きがない状況が続いている。新労使協定を巡って最大の焦点となっているのが「お金」の問題。どうにか選手側の取り分を抑えたいオーナーと、待遇改善を成し遂げたい選手側の溝はかなり深い。 

 そんな中、選手会代表者の一人を務める大投手マックス・シャーザー(メッツ)は激しい言葉を並びたててオーナーたちを批判している。 

【動画】“最強右腕”シャーザーの圧巻13奪三振ハイライト!

「俺たち選手の立場からすると、まったく勝つつもりがなく開幕を迎えるチームが多すぎる」とサイ・ヤング賞3回のシャーザー。「そういうやり方は将来勝つための戦略かもしれないが、スモールマーケットの球団だけでなく金満球団すらもタンキングしている」と続けた。 

 タンキングとは、半ば意図的に低迷することによって、翌年のドラフトで上位指名権を得ようとするチーム再建戦略のこと。過去にカブスやアストロズがチームを大解体したのち、タンキングを経て世界一を手にしたことから、勝利への“最適解”として広く浸透していった。MLBにはぜいたく税(戦力均衡税)、つまり総年俸が一定の基準を超えたら「税金」を科す制度がある一方、どれだけ総年俸を下げても罰則がない。このことも、タンキングを後押しする要因になっている。 
  さらにシャーザーは「メジャーデビュー日の操作」への矛先を向けている。「タンキングだけじゃない。多くのチームが(若手有望株が)メジャーデビューする前にディスカウントされた長期契約を提示している。そして、フロントはこう言うんだ。『この契約を結べば、明日にはメジャーデビューできるぞ。でも、サインしないならまだマイナーにいてもらうがね』」。 

 MLBはデビュー満3年で年俸調停権、6年でFA権を取得できる。この場合、メジャー登録日数(サービスタイム)172日間で「1年」とカウントする。そこで球団はわざとメジャー昇格時期を数週間遅らせ、1年目のサービスタイムが172日にならないよう「操作」する。そうすることで、FA取得までに実質7年間保有できるからだ。こうした手法が横行していることも、シャーザーをはじめ選手会の怒りを買っているのだ。

 シャーザーは言う。「メジャーでプレーするのは全員の夢だ。だけど、球団のやつらは財政をコントロールするために、選手たちの気持ちを利用しているんだよ」。 

“ご意見番”の憤慨は選手たちの気持ちをまさに代弁したものである。シャーザーはこのオフに3年1億3000万ドル(約148億円)という超大型契約を取得しているが、彼クラスのスター選手はほんの一握り。近年はメジャーデビュー時の平均年齢が上昇し、逆に平均寿命は短くなっているとのデータもある。

 だが、オーナー側がこうした選手たちの主張を易々と受け入れるはずもない。スプリング・トレーニングまで1ヵ月余り。労使対立解決の糸口は一体どこにあるのだろうか。

構成●SLUGGER編集部 

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【PHOTO】“歴史的なシーズン”をホームランで締め括る!二刀流で大躍進を遂げた大谷翔平の2021年を厳選!

関連記事(外部サイト)