大谷翔平は「もっと良くなる」! 偉才の“さらなる飛躍”をOBが予想! 米専門メディアも「チャンスは十分にある」と期待

大谷翔平は「もっと良くなる」! 偉才の“さらなる飛躍”をOBが予想! 米専門メディアも「チャンスは十分にある」と期待

開幕から最後まで快進撃が止まらなかった大谷。歴史的なシーズンを経て、さらなる飛躍を遂げられるだろうか。(C)Getty Images

投打にわたる歴史的なパフォーマンスを見せ、瞬く間に国民的スターへと駆け上がった大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)。来る2022年シーズンへ向けても、現地の期待は高まり続けている。

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

 現地時間1月25日、エンジェルスの情報を発信する専門メディア『Halo Hangout』は、大谷の今季を展望する記事を掲載。そのなかで、昨年より「もっと良くなるだろう」とした同球団OBマーク・グビザ氏の見解を紹介した。

 昨季は打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁と驚異的な打棒を振るい、23試合に登板した投げても9勝2敗、防御率3.18、156奪三振をマークした大谷。日本人初のアメリカン・リーグ満票MVPを成し遂げたこともふまえれば、これをふたたび上回るというのはもはや見当のつかない領域だ。
  しかし、地元放送局『Bally Sports West』の人気解説者も務めるグビザ氏が重要視するのは、「どれだけ建設的なものとして活きるか」だという。「彼は今までこんなことをしたことがない。日本でもこれほど投打では活躍していなかった」と続け、昨季の経験を経た大谷について「肉体面はもちろん、精神面でも何が必要かを正しく理解しただろう」と持論を展開した。

 これについて、『Halo Hangout』は「両方のポジションをこなすことで、精神的にバランスのとれた状態で試合に臨めている」というエンジェルス関係者の見解を紹介したうえで、「彼が良くなるとは保証できない。だが、グビザ氏と話をして、チャンスは十分にあると感じた」とレポートを締めくくっている。

 いまや球界屈指のスーパースターとなった大谷。はたして同サイトが指摘するとおり、さらなる成績向上を果たせるだろうか。来季もきっと圧倒的なパフォーマンスで我々を楽しませてくれると期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【関連動画】史上最強打者の呼び声も!2021年に大谷翔平が放った“全46本塁打”を一挙振り返り!

【PHOTO】世界が驚嘆する偉才・大谷翔平のキャリアを厳選ショットで一挙公開!花巻東、日ハム、エンジェルスでの活躍を振り返る

【関連フォト】『GQ』が公開した大谷翔平の“筋肉美ショット”をチェック!

関連記事(外部サイト)