「世界最高得点」を塗り替えた佐々木朗希の完全試合。ケリー・ウッド超えの「106」と、“悲劇のエース”との共通点

「世界最高得点」を塗り替えた佐々木朗希の完全試合。ケリー・ウッド超えの「106」と、“悲劇のエース”との共通点

記録づくめの完全試合を達成した佐々木(右)は、あるメジャー記録をも更新。前任者ウッド(左)との思わぬ関係とは?(C)Getty Images

4月10日、日本プロ野球史に残る伝説のピッチングが誕生した。ZOZOマリンスタジアムで行われたロッテ対オリックス戦。ロッテの豪腕・佐々木朗希がプロ野球史上16人目となる完全試合を成し遂げたのだ。

 28年間もの間、レコードブックに刻まれることのなかったパーフェクト・ゲーム。それだけでも十分に偉業中の偉業だったわけだが、“令和の怪物”が生み出した完全試合は「歴代最高」と言っていい内容だった。

 初回2死から始まった連続奪三振記録は、これまでのプロ野球記録だった「9」を大きく塗り替える「13」まで到達。メジャー記録も「10」であり、世界記録と言ってもいい領域まで数字を伸ばした。さらに、1試合を通じて記録した19奪三振も、プロ野球歴代タイ記録。まさしく“圧倒的すぎる”内容だったのだ。

【動画】歴代最高の投球! 佐々木朗希の完全試合ハイライトはこちら

 それをさらに裏付けるデータがある。「ゲームスコア」だ。これは、セイバーメトリクスの大家ビル・ジェームズが考案した、先発投手の1試合(9イニング)での投球内容をポイント形式で評価するというもの。50からスタートし、アウトや三振、安打、失点などで増減していき、満点は9回27奪三振で完全試合を達成した時の114だ(計算方法は後述)。
  果たして、佐々木が記録した10日の完全試合のゲームスコアは「106」。これは、メジャー歴代最高だった1998年5月6日、シカゴ・カブスのケリー・ウッドが記録した105を上回り、こちらも“世界最高得点”だったのだ。

 この時のウッドは完全試合ではなく1安打1死球完封。ただ、奪三振は佐々木を上回る20を数え、これはメジャー歴代タイ記録であり、たびたび「歴代最高のゲーム」として語られている。当然、この大記録を塗り替えた圧巻の投球とあって、現地メディアの間でも佐々木は大きく取り上げられ、メジャー移籍への関心度が一気に高まった印象だ。

 ちなみに、ウッドと佐々木は少なくない共通点がある。一番は、ともに20歳にして歴代最高のパフォーマンスを披露していることだろう。そしてともに、100マイル(約161キロ)が武器の豪腕という点も同じだ。

 違いは、ウッドがメジャー1年目、しかもデビューから5登板目で達成したことか。その後もウッドは快刀乱麻の投球を見せて新人王を獲得、当時リーグ歴代最高の奪三振率12.58をマークした。しかし、彼の出力に身体が耐えられず、以降は右ヒジ手術もあってあの時の輝きを取り戻すことはできずに終わっている。

 願わくば、佐々木は故障することなく活躍を続け、1試合のみならず「歴代最高投手」として語り継がれる存在になってほしいものである。

◆ゲームスコアの算出方法
<1>50ポイントからスタート。
<2>アウトを1つ取ると1ポイント追加
<3>5回からは1イニングを投げ終えると2ポイント追加
<4>三振1つを奪うと1ポイント追加
<5>安打を1本打たれると2ポイント減点
<6>自責点1点につき4ポイント減点
<7>自責点以外の失点1点につき2ポイント減点
<8>四球1つを与えると1ポイント減点

構成●THE DIGEST編集部
【関連記事】「新しい大好きな投手」直球“平均球速160キロ”・佐々木朗希にメジャー115億円男も惚れ惚れ!「ただただ非現実的」

【関連記事】「MLB球団にマークされる」佐々木朗希が19Kで“完全試合”を達成!米メディアは「史上最高かもしれない」と熱視線

【関連記事】「ササキが怪物的な試合をしている」佐々木朗希の“完全試合”に米記者も熱狂! 13連続含む19奪三振は「非現実的だ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?