「正解は選ぶものではなく自ら作るもの」。佐々木朗希の「岩手県大会決勝登板回避」を改めて考える<SLUGGER>

「正解は選ぶものではなく自ら作るもの」。佐々木朗希の「岩手県大会決勝登板回避」を改めて考える<SLUGGER>

歴史的な完全試合を成し遂げた佐々木。今こそ振り返る、県予選決勝を回避した“あの選択”の意義。写真:産経ビジュアル

4月10日のオリックス戦で、佐々木朗希(ロッテ)はプロ野球28年ぶりの完全試合を達成した。わずか105球で歴代最多タイとなる19三振を奪い、13者連続奪三振という前人未到のプロ野球記録も樹立した。今年で21歳、そしてプロ野球選手としてはまだ細いその身体つきを考えても、これから数多くの大記録を積み上げていく可能性は高いだろう。

 この快挙によって再びクローズアップされているのが、「高校時代の起用法」だ。2019年夏の岩手大会決勝、大船渡高を指揮する国母陽平監督は、エースの佐々木を登板させることなく花巻東に大敗。甲子園出場を目前にしてのこの采配に賛否両論が巻き起こる大騒動となった。

 今回、佐々木が大記録を達成したことで、この判断が正しかったという意見がある一方、起用しなかったことと佐々木の成長について明確な因果関係はないとの声も少なくない。前者の意見では斎藤佑樹(元日本ハム)や安楽智大(楽天)のように、甲子園で大活躍しながらその後故障に苦しんだ投手の例を挙げ、後者の意見では松坂大輔(元西武)や田中将大(楽天)のように高校時代に多くの球数を投げてもプロで超一流の成績を残している投手がいることを主張する声も聞かれる。

 大阪桐高蔭の西谷浩一監督は「甲子園は掛け算で選手が成長する場所」とも話しており、佐々木が甲子園に出場していたらもっと凄い投手になっていた可能性も否定できない。逆に、松坂や田中が高校時代に無理をしなければプロ入り後の故障もなく、日本でもメジャーでもさらに凄い数字を残していたかもしれない。
  しかし、それらはすべてが仮定の話であり、佐々木やここで挙げた投手たちが現実とは異なる高校時代を送った時の姿はすべて想像するしかなく、どちらが正解という話でもない。ただ確実に言えることは、3年前の岩手大会決勝で国母監督が佐々木を登板させても、登板させなくても批判の声は上がったということだろう。

 佐々木はこの決勝戦の前までに4試合に登板しており、4回戦の盛岡四高戦では延長12回完投、194球を投じている。それから3日後に行われた一関工高戦でも129球で完封し、決勝戦はそれから休養日なしの連戦で臨むスケジュールだったのだ。

 以前の高校野球では短期間でこれだけの球数を投げることも珍しくなかったが、近年の風潮を考えれば、決勝にも先発させていたら「酷使」として批判する声は上がったはずである。温存してもバッシング、投げさせてもバッシング、それはあたかも倫理観のジレンマを問う「トロッコ問題」のような状態だったのだ。

【動画】佐々木朗希が19K完全試合達成! 全ハイライトがこれだ もう一つ確かなことは、国母監督が「個人的な感覚」に頼って登板の判断をしたわけではないということである。

 国母監督が大学時代プレーしていた筑波大はスポーツ科学の研究において国内屈指の機関。同大野球部で指揮を執りながら研究を重ねている川村卓准教授に、国母監督は佐々木について相談しており、身体の状態も逐一チェックしている。その結果、肉体の成長がまだ止まっていない状態で出力を上げることは危険と判断し、高校日本代表候補合宿で163キロをマークした後は明らかに力を抑えたピッチングに終始している。

「佐々木の起用法が過保護で成長の機会を与えなかった」という声もある。しかし、前述したように決勝戦の前では登板を重ねており、2年夏の盛岡三高戦でも一人で142球を投げ抜いている。それを考えると、決して“投げさせなさすぎ”だったということはないだろう。
  佐々木の才能を生かしてチームが勝つことを第一に考えれば、有無を言わさずに決勝戦でも先発起用していただろう。この前年には吉田輝星(現日本ハム)が甲子園で“カナノウ(金足農)フィーバー”を巻き起こしたことを考えれば、佐々木と心中する選択も当然考えられたはず。古き良き高校野球、甲子園を望むのであれば、それも正解だっただろう。

 ただ国母監督はそうではなく、あらゆる科学的なアプローチを行った上で、「目の前ではなく将来を考えて」判断したということである。

 そして冒頭でも触れたが、どちらが正解という話ではない。ただ、国母監督の将来を考えての判断に対して、佐々木は今のところ完璧に応えていることを称賛すべきではないだろうか。18歳にして重い荷物を背負ったにもかかわらず、その期待を裏切ることなく成長し続けているのは見事という他ない。

「正解は選ぶものではなく自ら作るもの」。あの完全試合でのピッチングは、“令和の怪物”からの無言の声が聞こえてくるようだった。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している

【動画】佐々木朗希が19K完全試合達成! 全ハイライトがこれだ

【関連記事】佐々木朗希の完全試合で光った高卒ルーキー・松川虎生の「芸術的リード」。吉田正尚らを牛耳った配球の妙

【関連記事】【最もすごいストレートを投げた高校生5人】“令和の怪物”佐々木に加えて意外な顔ぶれが

【関連記事】「誰も打てない」井口監督も絶賛した佐々木朗希の快投に米専門家たちが熱視線!「すでに世界最高の異名のひとつを」

関連記事(外部サイト)