“お得意様”から2発! 大谷翔平の1、2号連発に米記者の熱狂止まず「投げた次の日に打つ驚異的なコツを持っている」

“お得意様”から2発! 大谷翔平の1、2号連発に米記者の熱狂止まず「投げた次の日に打つ驚異的なコツを持っている」

大谷が"お得意様"相手に2発

“お得意様”から2発! 大谷翔平の1、2号連発に米記者の熱狂止まず「投げた次の日に打つ驚異的なコツを持っている」

初球を鋭く振り抜いた大谷。その打球は滞空時間の長い一発となった。(C)Getty Images

ついに会心の一発が飛び出した

 現地時間4月15日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれているテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席に今季31打席目にして初のホームランを放ち、第3打席には第2号アーチを打ち込んだ。
【動画】滞空時間の長い一発! 大谷翔平の待望の今季第1号をチェック

 黒人初のメジャーリーガーの誕生をたたえる「ジャッキー・ロビンソン・デー」で、背番号42を背負った大谷。観客の視線が向けられたなかで打席に入った第1打席、その初球だった。

 レンジャーズ先発右腕マット・ブッシュと対峙すると、高めの95.9マイル(約154.3キロ)直球を豪快にフルスイング。打ち上げるように放った打球は高々と舞い上がりながら、ぐんぐんと飛距離を伸ばし、右中間スタンドへ飛び込んだ。
 時間にして6.7秒という滞空時間の長い一打は、誰もが待ち望んだ今季初アーチとなった。これで勢いに乗った偉才は、5回表の第3打席にも魅せる。

 チームが3対6とリードされたなかで、無死1塁で相手左腕コルビー・アラードと対峙した大谷は2球目に投じられたカットボールをジャストミート。打った瞬間にそれと分かる打球は打球速度108マイル(約173キロ)という驚異的なスピードで右翼スタンドの後方へと突き刺さったのだ。

 過去に球団最多タイとなる11発を放ってきたいわば“お得意様”に対して、2発を打ち込んだ大谷。チームを勢いづかせる一打には現地メディアも賛辞を惜しまない。MLB公式の番記者であるレット・ボリンジャー氏は「オオタニは投球翌日に本塁打を放つという驚異的なコツを持っている。昨年も8回はそういうことがあった」と驚嘆。さらに米メディア『The Athletic』などで執筆していたブレント・マグワイア記者は「なんてこったショウヘイ」と興奮気味にツイートした。

 なお、その後に1点を加点したエンジェルスは6対6に戻しており、大谷が今後の打席でチームを勝利に導けるかに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】「序盤の姿には失望する」大谷翔平の“打撃不振”ぶりに韓国紙が辛辣評価!昨季HR王のゲレーロJr.の快進撃と比較し「極端なスタートだ」

【関連記事】「満場一致とはね」大谷翔平の満票MVPにゲレーロJr.は不満だった? 母国記者に「1つも票がないのは気になる」と吐露

関連記事(外部サイト)