話題となった“バット蘇生後”に完全復調! スランプが囁かれた大谷翔平の打撃成績が話題に「明らかに変わった」

話題となった“バット蘇生後”に完全復調! スランプが囁かれた大谷翔平の打撃成績が話題に「明らかに変わった」

開幕後は不振にあえいでいた感のあった大谷。しかし、ここにきてエンジンがかかり始めた。(C)Getty Images

大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)のバットが“蘇った”。

 現地時間4月16日、大谷は、敵地で行なわれたテキサス・レンジャーズ戦に「1番・DH」で先発出場。8回の第5打席に2試合連続となる3号2ランを放つなど、5打数2安打3打点1盗塁と大いに暴れた。
【動画】いよいよエンジンが掛かってきた大谷! 豪快な3号アーチをチェック

 前日の同カードでも1試合2ホーマーと活躍した背番号17は、この日も特大の一発を見舞う。8回2死二塁という好機で迎えた第5打席に、相手右腕グレッグ・ホランドと対峙すると、カウント1-1か内角低めに投じられた83.3マイル(約134キロ)のスライダーをジャストミート。球速108マイル(約173キロ)で強く弾き出されたライナー性の打球は、ぐんぐんと飛距離を伸ばし、右中間にある相手ブルペンへと突き刺さった。

 前の試合での第1号まで、自己ワーストとなる開幕30打席ノーアーチで、スランプも指摘されていた。そのなかで待望の第1号が飛び出してから一気に放った3発だけに、エンジェルスの地元放送局『Bally Sports West』のマーク・グビサ氏が「もう『スロースタート?』なんて聞いちゃだめだ」と説くのも無理はない。
 ついにギアが上がってきた感のある大谷。その活躍に関係しているかもしれないとして、話題となっているのは、今月11日のマイアミ・マーリンズ戦で見せた“あるシーン”だ。当時、なかなかヒットもでない状況が続いていた大谷は、6回にダッグアウトで自らのバットに息を吹き込み、人工呼吸と心肺蘇生を施すパフォーマンスを同僚たちに見せていた。

 同僚のジャレッド・ウォルシュが「かなり笑った」(地元紙『Orange County Register』より)という大谷の茶目っ気溢れる振る舞いだったが、意外にもこれに効果があったというのだ。米放送局『FOX Sports』によれば、この“蘇生行為”後の打撃成績が打率.333、3本塁打、6打点と「明らかに変わった」というのだ。

 奇しくも、自らの蘇生によって球界屈指の怪物スラッガーは、ようやく蘇ってきたと言ってよさそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「彼は伝説だ!」大谷翔平が放った2試合連発の3号2ランに米記者感嘆!「エンジェルスがさらに勢いづいた」

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】「序盤の姿には失望する」大谷翔平の“打撃不振”ぶりに韓国紙が辛辣評価!昨季HR王のゲレーロJr.の快進撃と比較し「極端なスタートだ」

関連記事(外部サイト)