「やっべえな(笑)」決勝HRのヒーローも、パーフェクト降板の佐々木朗希に笑顔で脱帽!「歴史的な瞬間を目にした」

「やっべえな(笑)」決勝HRのヒーローも、パーフェクト降板の佐々木朗希に笑顔で脱帽!「歴史的な瞬間を目にした」

佐々木(右)には3球三振に打ち取られた万波(左)だったが、殊勲の一発を放ち、チームを勝利に導いた。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部/万波)/産経新聞社(佐々木)

4月17日、ZOZOマリンスタジアムで行なわれている日本ハム戦に先発したロッテの佐々木朗希は、8回を投げてパーフェクトピッチングを披露。前回登板のオリックス戦で史上16人目の完全試合を達成した右腕は8回に降板したものの、17イニング連続パーフェクトを記録した。

 試合は延長10回、日本ハムの万波中正に一発が飛び出し、これが決勝点となった。日本ハムにとっての初安打がこのホームランとなった。
【動画】万波中正が殊勲の一撃! ロッテ西野から放った右中間への決勝HR

 試合後、ヒーローインタビューを受けた万波は、「テンションが上がりすぎて言葉になんないっすね」と自らの決勝打での勝利に興奮気味に話した。
  そして8回までパーフェクトピッチングで抑えられた佐々木の投球については、「凄いピッチングをされた。歴史的な瞬間を目にしたような気持ちになりました」と、まるで第三者としてそこにいたようなコメントに、会場からはやや笑いも巻き起こっていた。

 万波自身は7回に代打としてバッターボックスに入り、佐々木と対戦。162キロのストレートで空振り三振に切って取られた。圧巻の投球を振り返り、殊勲のヒーローも笑うしかなかった。
「やっべえなと思って(笑)。フォークはめっちゃ落ちるし、まっすぐは差されるし。ホントに凄いピッチャーだなと思いました」

 リスペクトを込めて“令和の怪物”の投球をそう絶賛した万波。決勝ホームランを打ち、ベンチへ戻った際には「みんなけっこう興奮されてて、テンション上がりすぎて、ぐちゃぐちゃでした」と愛嬌のある笑顔を振りまいた。

 完全試合は達成できなかったものの、2戦続けて怪物ぶりを存分に見せた佐々木。パーフェクトピッチングがどこまで続くのか、さらに注目度が高まることは間違いない。

構成●THE DIGEST編集部
【動画】万波から10個目の奪三振! 佐々木朗希が開幕4試合連続二桁奪三振をマーク

【関連記事】ロッテ佐々木朗希に日本球界の“先輩”たちも熱視線! 8回降板には藤川球児「交代に一安心」

関連記事(外部サイト)