“連続完全試合”に立ちはだかった上沢直之のもとに鬱憤メッセージ。SNS上の“神対応”ぶりが話題に!「僕たちからしたらすごく幸せなこと」

“連続完全試合”に立ちはだかった上沢直之のもとに鬱憤メッセージ。SNS上の“神対応”ぶりが話題に!「僕たちからしたらすごく幸せなこと」

チームに今季初のカード勝ち越しをもたらした上沢(昨年撮影)。写真:塚本凜平(THE DIGEST写真部)

日本ハムのエースが見せた“神対応”ぶりが話題だ。

【動画】日ハム打線が手も足も出ず! 佐々木朗希の快投シーンをチェック

 4月17日、日本ハムの上沢直之は、ZOZOマリンスタジアムで行なわれたロッテ戦に先発登板し、7回4安打無失点8奪三振と好投。自身の今季初勝利はお預けとなったものの、17イニング連続パーフェクトを記録した佐々木朗希と、見応え十分の投げ合いを演じた。

 しかしその試合後、グラウンドから引き揚げた上沢のもとへ、同試合を観戦していたというツイッターユーザーから“あるメッセージ”が寄せられた。その内容は、佐々木の「2試合連続完全試合」が見られなかった鬱憤を、快挙阻止の一因となる投球を見せた上沢へぶつけているものだった。
 すると、同ツイートを読んだ上沢はまず、「僕にも応援してくれるファンがいます」と鼻息荒い顔文字を添えてリプライ。すぐさま投稿者からは、自身の非を認める謝罪のコメントが返されたが、これに対しても寛容さをもって次の言葉を送り、プロ野球ファンに対する“歓迎の意”を改めて示した。

「僕たちのプレーで悔しいとか嬉しいとか本気で思っていただけるのは僕たちからしたらすごく幸せなことです。それだけ本気で応援してくれるのですから。球場で観戦か中継で観戦かはわかりませんがまたお時間あるときにプロ野球見てください!」

 なお、試合は延長10回に万波中正が均衡を破る3号ソロを放ち、1対0で日本ハムの勝利を飾っている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】佐々木朗希は「もっと良くなる」。完全試合中の降板も井口監督の決断を米記者は高評!カーショウを引き合いに賛辞

【関連記事】佐々木朗希は「日本の天才」とMLB公式が熱視線! 現地の評価もうなぎ上り「各球団の目に間違いなく留まっている」

【関連記事】「世界最高得点」を塗り替えた佐々木朗希の完全試合。ケリー・ウッド超えの「106」と、“悲劇のエース”との共通点

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?