“大型ルーキー”鈴木誠也を現地メディアも激賞!! 球団史上3人目の快挙に「素晴らしい資質を発揮し続けている」

“大型ルーキー”鈴木誠也を現地メディアも激賞!! 球団史上3人目の快挙に「素晴らしい資質を発揮し続けている」

ナショナル・リーグ2位タイとなる今季4号弾を逆方向へ飛ばした鈴木。(C)Getty Images

すでに主軸としての風格さえ漂わせている。

 シカゴ・カブスの鈴木誠也は、現地時間4月17日のコロラド・ロッキーズ戦の7回に右翼席に飛び込む4号ソロを放ち、チームの6−4の勝利に貢献した。これで開幕から出場した8試合すべてで(四球のみの試合を除く)安打を記録する、まさに想像以上の活躍を続けている。

【動画】逆方向へ圧巻弾! 鈴木誠也の今季4本目のアーチをチェック

 また、この日の5回の第3打席、1死二三塁の場面では申告敬遠で出塁。相手チームにとって彼の打撃力は脅威として捉えられていると言えるだろう。この試合を終えた時点で、27歳の主な打撃成績は打率4割、本塁打4本、11打点といずれもナショナル・リーグのトップ3に名を連ねている。

 メジャーの舞台で打棒を発揮し続ける日本人ルーキーの好成績に、現地メディアもこのうえない賛辞を贈っている。「シカゴ・カブスのルーキー、セイヤ・スズキは世界最高峰の野球でその素晴らしい資質を発揮し続けている」と評した米サイト『Con Las Bases Llenas』は、「クアーズ・フィールドでロッキーズを相手に今シーズン4本目のホームランを放ち、日本人選手がメジャーリーグ移籍直後にして、その名を刻み続ける力を見せつけた」と称えている。
  この鮮やかな一発を見せた彼に、同メディアは「これで8試合連続安打を達成し、過去100シーズンのカブス選手の中で、同様の成績でMLBでのキャリアをスタートさせたのはアンディ・パフコ(1943年9試合)とジョー・マンソン(1925年8試合)の僅か2人だけだ」とルーキーとして球団史上3人目だと報じる。

 さらに「日本人選手として2007年に達成したアキノリ・イワムラ(9試合)に次いで、開幕からの連続安打を記録した選手となった」と日本人ルーキー記録にも迫っているといい、今後を展望した。

「この先、どのような成績を残せるかは未知数だが、現時点では期待以上の活躍をしており、カブスが目指すチームへの貢献が最も重要であることは間違いないだろう」

 この日の勝利でカブスは連敗を止め、今季5勝目を飾った。現地メディアからもチームの勝利のために欠くことのできない選手であると認められている背番号27。そのバッティングはシーズンが進むにつれ、さらに多くの注目を集めるに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】「こいつは面白い!」鈴木誠也の“珍回答”に現地記者らが爆笑!「キャンプで驚いたこと」を問われ、なんと答えた?

【関連記事】鈴木誠也の“神ってる”選球眼を示す「3.1%」。好スタートを呼んだボール球への対応力
 

関連記事(外部サイト)