大谷翔平が8試合連続安打をマーク! トラウトら不在が響いて4打席目では今季初の申告敬遠も

大谷翔平が8試合連続安打をマーク! トラウトら不在が響いて4打席目では今季初の申告敬遠も

開幕から11試合連続のスタメンとなった大谷。チームは主力選手の不在もあり、勝負を避けられる場面があった。(C)Getty Images

現地時間4月18日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたヒューストン・アストロズ戦に「1番・DH」で先発出場。3打数1安打、1四球という内容に終わった。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 試合前の直近3戦では3本塁打、7打点と、シーズン出だしの不振から復調傾向にある大谷。この日は、前日に左手甲への死球を受けたマイク・トラウトが、その影響でスタメン落ちし、さらにアンソニー・レンドーンも腹痛を訴えるなど、主力ふたりが不在というなかでのプレーとなった。

 アストロズの先発は、大谷が通算12打数4安打、打率.333、2本塁打と相性の良いルイス・ガルシア。初回先頭の第1打席は空振り三振に倒れるも、3回の第2打席ではカウント1ー1から外角球を捉え、ライト前へのクリーンヒットを放つ。これが8試合連続安打となった。
 5回の第3打席をレフトフライに打ち取られると、2点ビハインドの7回の第4打席では、2番手フィル・メイトンと対戦。2死二、三塁の絶好機で打席が回ってきたものの、2ボールとなったところで申告敬遠が選択される。結局、2番のテイラー・ウォードがセカンドフライに打ち取られ、この回が無得点に終わった。

 その後もチームは反撃の糸口を見つけられず、3対8で敗戦を喫している。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】「怪物だ」と称される今季第3号! 大谷翔平の最新アーチをチェック

【関連記事】大谷翔平がエンジェルスを“卒業”する日――ワールドチャンピオンを目指すならFA移籍は不可避?

【関連記事】鈴木誠也と大谷翔平――日本が誇る強打者の“渡米前2年間”を徹底比較! データから「共通点」「相違点」を解き明かす

関連記事(外部サイト)