【ポジション別ランキング:左翼手】吉田、島内、佐野に荻野。短所を補ってあまりある長所を備えた個性派たちがランクイン!<SLUGGER>

【ポジション別ランキング:左翼手】吉田、島内、佐野に荻野。短所を補ってあまりある長所を備えた個性派たちがランクイン!<SLUGGER>

球界屈指のアベレージヒッター吉田(右)に、俊足好守の荻野(左)ら、レフトの多士済々ぶりは他のポジションと比べてもかなりのものだ。写真:塚本凛平(THE DIGEST写真部)、田口有史

今、それぞれのポジションで最強選手は一体誰なのか? 昨季の活躍やこれまでの実績などを基にトップ5までランク付けした。今回は左翼手編だ。

▼1位 吉田正尚
2021年成績:110試合 打率.339 21本塁打 72打点 0盗塁 OPS.992

▼2位 島内宏明
2021年成績:141試合 打率.257 21本塁打 96打点 2盗塁 OPS.863

▼3位 佐野恵太
2021年成績:143試合 打率.303 17本塁打 72打点 0盗塁 OPS.842

▼4位 荻野貴司
2021年成績:143試合 打率.296 10本塁打 45打点 24盗塁 OPS.791

▼5位 西川龍馬
2021年成績:137試合 打率.286 12本塁打 60打点 3盗塁 OPS.733

 短所も明確ではあるが、補って余りある長所を持つ選手がトップ5に多く名を連ねた。
 1位の吉田はポジションの枠組を外しても、日本を代表するバットマンとしての立ち位置を確立している。あらゆる球種、あらゆるコースを弾き返し、昨季は2年連続首位打者に輝いた。

 加えて出塁率.429、長打率.563、OPS.992のいずれもリーグベストで、三振は2年連続20個台と驚異の少なさ。その結果、BB/K2.23は前年に続く全打者断トツ1位だった。故障が多く、走塁と守備での貢献は乏しいが、それでも群を抜く打力が決定的でポジショントップの座にふさわしい。

 2位は、昨季初の打点王に輝いた島内を選んだ。それまでは走攻守の総合力で堅実に貢献するスタイルで、地味な印象だっただけに、意外と言えば失礼かもしれないが、やはり自身初の打撃タイトル獲得は球界に驚きを与えた。

 ただし、例年より引っ張りとフライ打球が増加しており、4番の役割に適応しようとした姿勢がうかがえる。それでいて三振(87)より多い四球(97)を選ぶなど、持ち味は失わずに進化を遂げた。

 3位の佐野は前年首位打者ほどのインパクトはなくとも、昨季は全試合に出場して2年連続の打率3割をキープした。これまでは安定感に長打力も備えた中距離打者だったが、ホームランの出やすい本拠地の特性を考慮して、今季はフライ打球の増加に取り組んでいる。ただ、走塁と守備での貢献は少ないどころかむしろマイナスで、現状のままでは浮上は難しい。ランクアップのためにも、パワーアップは必須だろう。 故障が多く、今季も出遅れている荻野だが、昨季は初の全試合出場を果たして自身2度目の規定打席にも到達。リードオフとしてリーグ最多の169安打を放ち、10本塁打のパンチ力でも打線の火付け役となった。

 メインは左翼だが、昨季はセンターでも50試合に先発出場し、無失策でゴールデン・グラブ賞も獲得。初の盗塁王にも輝くなどスピードは健在だが、失敗も自己最多の11を数えた。

 同じく西川も、昨季は2年ぶり2度目の規定打席へ到達。卓越したバットコントロールで広角に打ち分ける巧打者だが、2ケタ本塁打へ乗せたように、引っ張ればスタンドインさせるパワーも秘める。中堅も守れる点は荻野と共通だが、走力は標準程度。四球率6.7%はリーグ平均以下で、高い打率の割に出塁率が上がらないのはネックだ。
【惜しくも圏外だった選手たち】
 昨季の打撃不振が響いた選手として、青木宣親(ヤクルト)と西川遥輝(楽天)の名前が挙がる。

 青木は前年自己ベストのOPS.981から、昨季は.719とワースト級まで急降下。ボール球に手を出すようになった傾向も見られるが、それでもリーグ3位のBB/K0.98を記録するなど依然としてアプローチは優秀だ。40歳を迎えて大きく盛り返すとは考えづらいが、この年齢で今季もレギュラーを張っていること自体が驚異的だ。

 西川遥も自己ワーストの打率.233と大苦戦。それでもリーグ2位の四球率16.3%を記録するなど球界最高級の選球眼は健在で、4度目の盗塁王獲得にも結び付けた。新天地の楽天は昨季盗塁数リーグワーストで、再び輝きを取り戻すにはもってこいの環境とも言える。今季は新天地で絶好調をアピールし、再び輝きを取り戻そうとしている。

文●藤原彬

著者プロフィール
ふじわら・あきら/1984年生まれ。『SLUGGER』編集部に2014年から3年在籍し、現在はユーティリティとして編集・執筆・校正に携わる。ツイッターIDは@Struggler_AKIRA。

関連記事(外部サイト)