鈴木誠也が月間最優秀新人に選ばれた理由は? MLB公式が「早くも契約に見合った活躍を見せている」と絶賛

鈴木誠也が月間最優秀新人に選ばれた理由は? MLB公式が「早くも契約に見合った活躍を見せている」と絶賛

ナ・リーグの月間最優秀新人に選ばれた鈴木。メジャーの舞台でも強烈な存在感を放っている。(C)Getty Images

サムライルーキーの鮮烈デビューに現地も大熱狂だ。

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ戦士”たちの厳選フォトを一挙紹介!

 現地時間5月2日、MLB公式サイトは、4月のナショナル・リーグ月間最優秀新人に鈴木誠也(シカゴ・カブス)を選出。2018年9月の大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)以来、日本人選手として7人目の受賞となったなか、リリース内では今季ここまでのパフォーマンスが取り上げられている。

 まず、「21試合で打率.279、出塁率.405、長打率.529、13得点、19安打、5二塁打、4本塁打、14打点、14四球、1盗塁」と4月の打撃スタッツに触れた同サイト。カブスの新人選手としても、その活躍は傑出しているようで、「OPS.934は歴代4位、9長打は歴代2位タイ」とのことだ。
 また、開幕から一気に話題を集めた“9試合連続安打”については、カブスではアンディ・パフコ(1943年)、日本選手としては岩村明憲(2007年デビルレイズ=現レイズ)と並ぶ最長記録だとも言及。開幕2週目に輝いた週間MVPは、カブスにとって昨年9月のフランク・シュウィンデル以来だったという。

 さらに、同サイトのブライアン・マーフィー氏が掲載した記事では、5年8500万ドル(約110億円)の大型契約に触れつつ、「早くもそれに見合った活躍をしている」と称賛の声も。とりわけ、26打数11安打、4本塁打、2二塁打、11打点、7四球、OPS1.504を記録した4月9~18日の内容については、「最も輝いていた」と高く評価されている。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】好投手バーンズをフルスイングで粉砕! 鈴木の貴重なタイムリー二塁打をチェック

【関連記事】「スズキ以外は思い当たらない」“MLBでは見られない”鈴木誠也の紳士的な行動に米記者感嘆!「対戦相手や審判でさえも驚く」

【関連記事】大谷翔平の打撃を落合博満が分析!「日本の球界なら直したがる」スイングを“伝説の三冠王”はどう見ているのか?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?