FA権取得時期が延びる「投げ抹消」、年俸調停制度の拡充――日本にMLB並みの労使交渉があったら問題になり得る争点<SLUGGER>

FA権取得時期が延びる「投げ抹消」、年俸調停制度の拡充――日本にMLB並みの労使交渉があったら問題になり得る争点<SLUGGER>

先発登板→登録抹消を繰り返す「投げ抹消」が多かった昨年の奥川。FA権取得の観点からは問題を指摘する声も少なくない。写真:滝川敏之

このオフのメジャーリーグは、ロックアウトの話題で持ちきりだった。新労使協定をめぐってオーナー側と選手会が激しく対立。昨年12月に始まったロックアウトは99日間に及び、その影響で開幕が1週間延期となった。

 争点はプレーオフ枠の拡大、ナ・リーグのDH制導入からFA補償、若手選手の待遇改善、ドラフト改革、タンキング対策など多岐にわたり、それぞれの案件についてメディアや有識者も含め、喧々諤々の議論が行なわれた。

 それに比べて、日本球界の何と平和なことか。選手の最低保障年俸やドラフト会議の改定など、重要事項を決めるのはプロ野球実行委員会とオーナー会議。選手会は“要望”は出しても、ストライキなどの実力行使には及ばない。この物分かりの良さは、不祥事でも起こさない限りシーズン中に解雇されもしない、安定した環境に置かれているからでもある。

 しかし、だからと言って、日本球界に解決しなければならない問題が存在しないわけではない。もしも、MLBのように、徹底した労使交渉が行なわれるとしたら、どのような議題が上がり、どのような解決策が導き出されるだろうか。 すでに実施に向けて動いている現役ドラフトを除くと、最大の争点となりそうなのは、長年の懸案であるFA取得期間をめぐる問題だろう。現行では一軍登録145日=1年として8年で国内FA移籍、9年で海外FA移籍の権利が得られる。だが、選手会はこれでは取得時期がピークを過ぎた30歳を超えてしまうとして、短縮を目指している。

 ただ、「年数」も重要ではあるが、「登録日数」にも焦点を当てる必要があるはずだ。昨年の奥川恭伸(ヤクルト)が代表例だが、先発登板日のみ一軍登録され、翌日に二軍降格、10日後に再登録される、いわゆる「投げ抹消」は、FA権取得の見地から考えると選手にとって著しく不利に働く。もちろん、奥川の場合は肩の負担などを考慮したうえでの措置なのだが、それが「意図せざる結果」を生んでいる。

 MLBでは、一定の経験がある選手はマイナーへ降格させることすら制限があるが、日本では周知の通り10日を過ぎればいつでも昇格・降格は可能。メリットもあるとはいえ、FA取得を引き延ばす方便として悪用も可能なのだから、制度的に不備があるのは否めない。アメリカ流の労使交渉があったら、選手会は間違いなく俎上に載せるだろう。 球団ごとの年俸格差も問題だ。MLBでも各球団の年俸総額は天と地ほどの差があるのだが、それは雇っている高給取りの人数の違いによるもの。同程度の成績の選手が球団によって年俸が大幅に異なるということはない。

 その理由は、年俸調停制度という第三者による公平な査定システムが機能しているからだ。貧乏球団に所属していても、提示額が不満なら調停に打って出れば、統一された判断基準により他球団で同様の成績を残している選手と同等に評価される。

 また、FA取得までの時期も短く、わざわざ“宣言”しなくとも自動的になるため、飼い殺しにもされない。その分、簡単にクビも切られ、日本でも話題になった「ノンテンダー」の選手が多数生まれるわけだが、必然的にどのチームにもロースターの空きが生まれるので、最低限の実力があれば再就職に困りはしない。

 日本にも年俸調停制度はあるが、実施に踏み切る者はほとんどおらず、大抵は不満はあっても最終的に妥協する。その結果、同じようなキャリア・実績であっても、資金の潤沢な巨人やソフトバンクの選手と、そうではない広島や中日の選手では年俸に大きな開きが生じている。
  実例を挙げてみよう。以下はある2人のリリーフ投手の過去5年(2017〜21年)の成績だ。

●投手A
登板:239 投球回:236.0 ホールド:76 セーブ:10 防御率:2.63

●投手B
登板:287 投球回:155.1 ホールド:95 セーブ:1 防御率:2.90

 両者とも中継ぎで、Bは登板数とホールドは多く、Aは投球回数とセーブ数、防御率で勝る。総合的に見て、チームへの貢献度は投手Aが上回ると思う者が大半だろう。

 だが、実際はBの嘉弥真新也(ソフトバンク)は5年間で計3億9000万円を手にし、Aの祖父江大輔(中日)は半分以下の1億9300万円にとどまっている(金額はいずれも推定)。この間、ソフトバンクは4年連続日本一を達成、対する中日は低迷続きという違いはあるが、ここまで差が開くと問題だ。これではドラフト制度の根本である「プロ野球はどのチームに入っても同じ」という建前も成立しなくなってしまう。

 選手会は、この問題を強く訴えるべきだろう。最善策は調停制度をもっと活用すること。雇い主と揉めたくない、ファンから嫌われたくないという心理から消極的になるのもわからないではないが、気軽に調停を申請できる態勢ができれば、不公平は是正されていくはずだ。 たとえば、現在は土日の試合はすべてデーゲームで行なわれることが多い。また、月曜日は一律で「休日」となっている。これは選手の体調を考慮した措置という側面もあるだろうが、「野球のない日・時間帯」が数多く生じるという問題が生じている。

 アメリカン・フットボールのNFLでは、日曜日に試合が行なわれるのが基本だが、月曜日と木曜日の夜も1試合だけ行なわれる。とくに「マンデー・ナイト・フットボール」と銘打たれる前者は人気カードが組まれ、高いテレビ視聴率を叩き出している。あえて通常のスケジュールからずらした編成にして特別感を醸し出し、注目が高まるよう工夫しているのだ。

 同じようなことは日本でも可能だろう。NPBが月曜日の全国テレビ放映枠を買い取り、好カードを組んで放映する。例えば、交流戦で佐々木朗希(ロッテ)と村上宗隆(ヤクルト)の対決が実現すれば、プロ野球の魅力をアピールする上で大いに助けになるだろう。

 クライマックスシリーズを両リーグが同日・同時刻に開催しているのも何とかしたい。MLBでは時差なども利用して、各カードの試合が重ならないように試合開始時間を調整する。試合前日になって開始時間が変わることも珍しくない。
 そのため、ファンはニューヨークでのヤンキース戦とシカゴのカブス戦、ロサンゼルスのドジャース戦を“はしご”できるのだ。時差のない日本でも、デーゲームとナイターに分けるくらいの工夫はできるはずで、これこそが本物のファンサービスではないのか。

 メジャーの選手会は激しい労働闘争を繰り広げた末に、年俸調停権やFA権を獲得してきた。だから、自分たちが勝ち取った権利だ、というという強い意識がある。対する日本は、一部の金持ち球団が自分たちの有利になるようFA制度を導入したという根本的な違いがある。ゆえに選手もプレーのことだけ考えていればいいとの感覚になっているのではないか。

 ストライキやロックアウトの心配がないのは喜ばしいことではある。ただ、MLBでは数年に一度、労使がそれぞれの主張を正面からぶつけ合うことが、長い目で見て球界の発展を助けてきた側面もある。日本でも、労使が球界のあるべき姿、将来について真剣に話し合う時期が来ているのではないだろうか。

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『プロ野球 埋もれたMVPを発掘する本』『メジャー・リーグ球団史』(いずれも言視舎)。
 

関連記事(外部サイト)