「こんなエキサイティングなことはない」大谷翔平、同点二塁打→激走サヨナラ生還に現地記者らが絶句!「言葉が見つからない」

「こんなエキサイティングなことはない」大谷翔平、同点二塁打→激走サヨナラ生還に現地記者らが絶句!「言葉が見つからない」

9回2死から劇的な勝利を手繰り寄せた大谷。現地記者らはこのプレーに興奮している。(C)Getty Images

現地時間5月8日、本拠地で行なわれたワシントン・ナショナルズ戦に「3番・DH」でスタメン出場した大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は、9回に同点タイムリー二塁打を放った。その後、味方の安打から激走を披露しサヨナラ生還。チームは5-4で白星を飾った。

 第4打席までは左飛、四球、中飛、三振に倒れた。2-4と2点ビハインドで9回裏2死一、二塁で打席に入ったサムライは、5番手右腕タナー・レイニーの2球目インコーススライダーを完璧にとらえた。打球は、わずかにスタンドまで届かなかったものの、フェンス直撃のタイムリー二塁打に。この間、2人の走者が還って同点とした。

 【動画】「エキサイティング!」大谷が演出した劇的な勝利の瞬間をチェック

 続くアンソニー・レンドーンはインコース高めの速球をセンター前に運んだ。二塁走者の大谷は、快足を飛ばし三塁ベースを回ると、そのままホームへスライディング。相手センターからの返球より明らかに速いタイミングで駆け込むと、ガッツポーズで喜びを爆発させた。
  この劇的な勝利に現地記者らは興奮が冷めやらない。地元放送局『Bally Sports West』で解説を務めるマーク・グビサ氏は、「オーマイガー!オオタニとレンドーンがやってくれた!!言葉が見つからないよ」とコメント。

 また米専門誌『Baseball America』のカイル・グレイザー記者は、「ショウヘイ・オオタニがベースを駆け回り、クロスプレーを演じることほどエキサイティングなことはない」と高揚ぶりを綴る。

“二刀流”として投手でも打者でもチームやファンの期待に応え続ける大谷。昨季MVP男は、今シーズンも何かやってくれるに違いない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」

【関連記事】大谷翔平らも悩ませる“誤審”。アメリカで進むロボ審判導入は必然か? 「審判の権威低下」の意見は本末転倒だ<SLUGGER>

【関連記事】「満場一致で最高の選手」大谷翔平と投げ合った42歳左腕が最敬礼! 「みんな感謝しているはず」
 

関連記事(外部サイト)