大谷翔平が見せた断固たる“続投意思”に反響! 米メディアは「オオタニはコーチたちを丁寧に断った」と注目

大谷翔平が見せた断固たる“続投意思”に反響! 米メディアは「オオタニはコーチたちを丁寧に断った」と注目

文字通り一挙手一投足が注目される大谷(右)。彼がマウンド上でマッドン監督(左)らに見せた振る舞いは話題となっている。(C)Getty Images

エースの意地を見せつけられるようなシーンだった。現地時間5月11日に本拠地で行なわれたタンパベイ・レイズ戦に、「3番・投手兼DH」で投打同時出場を果たした大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)の一コマだ。
【動画】大谷翔平がマッドン監督らを拒否した話題のシーンをチェック!

 試合後に「球速的にもそんなに調子が良い感じではなかった」と語った大谷がエンジェルスのローテーションの柱としての“矜持”を見せたのが、6回1無塁でチェ・ジマンを空振り三振に仕留めた直後だった。

 エンジェルスの20連戦最後の試合となったこの日、大谷は精彩を欠いた。蓄積した疲労の影響からスプリットや4シームの制球が乱れ、苦戦を強いられたのだ。そのなかでも背番号17は「踏ん張りどころかなと思って投げた」。

 そんななかで、6回2死無塁としたところで球数が89球に達した時だった。エンジェルスのベンチからマット・ワイズ投手コーチとジョー・マッドン監督が、マウンドに向かおうとした時、ベンチに目を向けた大谷は「大丈夫だから」と言わんばかりの表情で右掌を突き出して首脳陣を制止。直後に対峙したランディ・アロザレーナを見事に空振り三振に切ってとったのだ。
 試合後にマッドン監督が「彼は我々に『大丈夫だ』と言ったが、実際にその通りだった」と称えた大谷の断固たる続投意思表示は、現地メディアでも小さくない話題となっている。

 まず、「ピッチング・ニンジャ」の愛称で知られる投球分析家ロブ・フリードマン氏が「ショウヘイ・オオタニの『ダメだ。動かないでくれ』」の文言とともに拡散すると、これに反応した米メディア『The Athletic』が「コーチたちがマウンドにやってくるのをショウヘイ・オオタニは丁寧に断った」とツイート。さらに米放送局『Fox Sports』も「彼は『そこにいてくれ』と主張した。オオタニはマウンドに来られることを望まなかった」と伝えた。

 自身の3連勝も逃し、チームも2対4で敗戦と結果は出なかった。それでもこうして話題が尽きないのは、彼の偉才たる所以かもしれない。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】“偉才コンビ”のMVP争いに米識者が激論! トラウトが大谷翔平に勝つには打率.380が必要!? 「そんなのメイズも打ててない」

【関連記事】「明確にしよう。ルースより上だ!」大谷翔平の神超えを米記者が熱弁! 二刀流を生み出した“恩師”も話題に

【関連記事】「狂気の沙汰だ」大谷翔平の“11冠”表彰に米識者が最敬礼! 専門サイトは「ショウヘイは不器用で、野球がしたいだけ」と賛辞

関連記事(外部サイト)