大谷翔平が今季加入のチームメイトにつけた“あだ名”が話題! 米メディアは「チームの団結心を示す要素のひとつ」と指摘

大谷翔平が今季加入のチームメイトにつけた“あだ名”が話題! 米メディアは「チームの団結心を示す要素のひとつ」と指摘

フィールド外での振る舞いにも注目が集まる大谷。今季からエンジェルス加入の同僚につけたニックネームとは?(C)Getty Images

チームメイトとの“ある絡み”が話題を集めている。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【動画】自身初のグランドスラムを含めた2打席連続弾! 大谷翔平の好調時の打撃をチェック

 現地時間5月13日、米老舗スポーツ誌『Sports Illustrated』は、「エンジェルスのスター、ショウヘイ・オオタニは伝説的な二刀流選手だが、いたずら好きでもある」との見出しで記事を掲載。そのなかで、大谷がチームメイトにつけた“あるニックネーム”を紹介している。

 相手となったのは、今季からエンジェルスでプレーしているタイラー・ウェイドだ。大谷の驚異的な二刀流パフォーマンスにより、日本では同僚の存在も関心事となっている。同誌の特集では「ショウヘイが今では“ホットな男”を意味する”ikemen”(イケメン)としか呼ばなくなった」というウェイドとの普段の関係性を紹介した。
 このエピソードは現地でも続々と反響を広げており、エンジェルスの専門メディア『Halo Hangout』は、「最高にクレイジーでおもしろいニックネーム」として注目。「エンジェルス・ファンから見た今季チームの、強力な団結心を示すひとつの要素かもしれない」とも指摘した。

 今季は開幕から好調で、アメリカン・リーグ西地区2位という好位置につけているエンジェルス。チーム内にもいい雰囲気が漂っており、大谷個人の活躍も含めて今後のパフォーマンスに期待だ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】サヨナラ生還で渾身ガッツポーズ! 大谷翔平の興奮ぶりに米メディアも熱狂「オオタニの違う一面を見られた」

【関連記事】「もううんざりだ!」大谷翔平への相次ぐ“不可解判定”に米記者も憤慨。「ストライクではない」

関連記事(外部サイト)