「ショータイム!」巨人・中田翔が2試合連続の大仕事! 衝撃の4号逆転満塁弾は「興奮してあまり覚えていない」

「ショータイム!」巨人・中田翔が2試合連続の大仕事! 衝撃の4号逆転満塁弾は「興奮してあまり覚えていない」

逆転の満塁弾を左中間スタンドへ叩き込んだ中田が雄叫びを上げる。写真:産経新聞社

巨人の中田翔が2試合連続の大仕事をやってのけた。5月14日の中日戦(東京ドーム)で逆転の4号満塁本塁打を放ち、チームの勝利に貢献している。

 前日にはプロ入り後初の犠打を記録し、チームプレーにも徹した中田は、8回に試合を決定づける3号2ランを放っていた。この日も6回には無死満塁のチャンスで打席が回ってきたが、ここは相手先発・高橋宏斗の前に凡退。
  しかし7回、1死から4番の岡本和真が申告敬遠で歩かされ、再び満塁のチャンス。ここで2番手・祖父江大輔が投じた3球目のスライダーを強振すると、鋭いライナー性の当たりが左中間スタンドへ飛び込んだ。試合後には「6回の満塁の場面で返せなかったのですごく悔しかった。(ホームランの打席は)興奮していてあまり覚えていないが、すごく気持ちよかった」とリベンジの想いを明かした中田。本拠・東京ドームに衝撃を与えるこの逆転満塁弾が決勝打となり、巨人を3連勝に導いた。

 試合を生配信したDAZNの公式ツイッターも「ショータイム 中田翔が逆転満塁本塁打! 前日に引き続き中田が大仕事」と綴り、衝撃の一打をピックアップ。1万以上のいいねが付く大反響となっている。

 今季は開幕後なかなか調子が上がらず、2軍落ちも経験した中田翔だが、いよいよ打棒復活といきそうだ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】2試合連続の大仕事! 中田翔、申告敬遠の後に意地のグランドスラム!

関連記事(外部サイト)