絶好調の同僚ウォードも「一緒にいられて幸せ」と賛辞惜しまず! 大谷翔平の記念すべき“通算100号”は「アンビリーバブルだ」

絶好調の同僚ウォードも「一緒にいられて幸せ」と賛辞惜しまず! 大谷翔平の記念すべき“通算100号”は「アンビリーバブルだ」

ダブルヘッダー2試合目では、ウォード(左)と大谷(右)がともに大きな存在感を放った。(C)Getty Images

新たな記録を次々とたたき出す二刀流スターに同僚も驚きを隠せない。

【動画】ついにメジャー通算100号! 大谷が放った7号2ランをチェック

 現地時間5月14日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックスとのダブルヘッダーに「3番・DH」として連続フル出場。その2戦目で今季7号2ランをマークし、444試合(投手専念の試合を除く)という日本選手最速のペースで“メジャー通算100号本塁打”に到達した。

 また、“100本塁打&250奪三振”はベーブ・ルース以来、メジャー史上2人目の快挙達成となったが、これには、同試合で8号満塁本塁打を放ったチームメイトのテイラー・ウォードも、地元放送局『Bally Sports West』が行なったインタビュー内で賛辞の言葉を送っている。
 今季に入ってから打率.384、OPS1.249と打ちに打ちまくっているウォード。同局の公式ツイッターが掲載した動画内では、レポーターから大谷の偉業について問われると、「アンビリーバブルだ」と感想を吐露。「毎晩のように新しいことが起こる。最高にクールだ。彼と一緒にいられて幸せだよ」と笑顔でコメントした。

 現時点でアメリカン・リーグ西地区の2位と好位置につけており、チーム内にも明るい雰囲気が漂っているエンジェルス。8年ぶりのプレーオフ進出へ向けた戦いとともに、大谷個人のさらなる活躍に今後も期待したい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】日本総領事の始球式中止が物議! マウンドを“譲らなかった”メッツ大投手シャーザーに非難の声も「必要のなかった国際的問題だ」

【関連記事】昨季の快進撃時もそうだった“覚醒”の兆候!? 米記者も指摘する大谷翔平の左中間打球増加は苦境脱出のサインだ

関連記事(外部サイト)