「上昇傾向かもしれない」鈴木誠也がフェンス直撃の二塁打&盗塁成功で復調の兆し!?「そろそろホームランが見たい」とファン反響

「上昇傾向かもしれない」鈴木誠也がフェンス直撃の二塁打&盗塁成功で復調の兆し!?「そろそろホームランが見たい」とファン反響

3試合連続安打をマークした鈴木。いよいよ復調なるか。(C) Getty Images

現地時間5月23日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたシンシナティ・レッズ戦に「3番・右翼」で先発出場。3打数1安打2四球1盗塁の活躍でチームの勝利に貢献した。

【動画】今季12本目の二塁打で勝利に貢献!鈴木誠也が放ったフェンス直撃の一打をチェック

 4回の第2打席、鈴木は相手先発ブラディミール・グティエレスと対峙。カウント3-1からの5球目、甘く入った直球を完璧に捉えると打球は左中間フェンスに直撃。豪快なツーベースヒットを放ち、3試合連続安打を記録した。

 足でも魅せた。5回の第3打席、鈴木は2番手ジェフ・ホフマンから四球を選び出塁すると、4番イアン・ハップの3球目にすかさず盗塁を試みて成功。今季2個目となる二盗を決めた。

 そんな鈴木の活躍ぶりに、ネット上のファンからは様々な声が上がった。「調子あがってきたね」「今日の出塁率はイイね」「上昇傾向かもしれない」「長打力あるんだなあ」「やはりもってるのか」「そろそろホームランが見たい」「猛打賞も見たい」「がんばれ誠也!」「期待しています」などと、反応が寄せられている。
  ナショナル・リーグ新人王の最有力候補に挙げられている鈴木。はたして27歳は本来の輝きを取り戻せるのか。大いに注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】新人への“洗礼”に苦しむ鈴木誠也。またも起きた不可解判定にカブスOBは苦言「不利なジャッジがされている。証拠はある」

【関連記事】「すっかり冷え切っている」鈴木誠也の復調を米メディアが予見! 新人王争いも「立ち直れるか?答えは『イエス』だ」

【関連記事】「スズキ以外は思い当たらない」“MLBでは見られない”鈴木誠也の紳士的な行動に米記者感嘆!「対戦相手や審判でさえも驚く」
 

関連記事(外部サイト)