米メディアがMLB打線充実度ランク1位にエンジェルスを指名!大谷翔平に対して「スロースタートからヒートアップ」と見解語る

米メディアがMLB打線充実度ランク1位にエンジェルスを指名!大谷翔平に対して「スロースタートからヒートアップ」と見解語る

開幕直後の不調から徐々に調子を上げてきた大谷。打点はチームトップの成績だ。(C) Getty Images

4月7日に開幕したメジャーリーグもすでにシーズンの4分の1を終え、第2四半期に突入した。23日(現地時間)時点での首位は以下の通りである。

 アメリカン・リーグ東地区はニューヨーク・ヤンキース、中地区はミネソタ・ツインズ、 西地区はヒューストン・アストロズ。ナショナル・リーグ東地区はニューヨーク・メッツ、中地区はミルウォーキー・ブルワーズ、西地区はロサンゼルス・ドジャースである。

 米メディア『Bleacher Report』では、この第2四半期を迎えるにあたり、最もラインナップが充実しているチーム、そして最も印象的な先発ローテーションが揃っているチームのトップ10をランキングした。
 
 最も印象的な先発ローテーションを確保しているチームにはニューヨーク・ヤンキースを挙げている。9日に8回1死までノーヒットピッチングを行ったネスター・コルテスとゲリット・コールの2人のエース他、ジョーダン・モンゴメリーやルイス・セベリーノ、ジェイムソン・タイオンなど層の厚さを誇っている。

 一方、最も打線が充実しているチームで、1位にランクインされたのはロサンゼルス・エンジェルスだ。今季、エンジェルスの打撃は絶好調で、アメリカン・リーグの打点と本塁打のベスト10にはマイク・トラウト、大谷翔平、テイラー・ウォードの3人の選手が、いずれも名を連ねている。

  その中でもマイク・トラウトは12本塁打、打率.323と現時点でエンジェルスのスタッツトップを走っている。同メディアは大谷に対して「スロースタートからヒートアップ」、ブランドン・マーシュには「かなりドギツイ打撃をしている」と言及している。また、今季すでに8本の本塁打を放っているジャレッド・ウォルシュや最近打撃が上向きになってきたアンソニー・レンドーンもエンジェルスの好調の要因として取り上げている。

 エンジェルスは、最も印象的な先発ローテーションが揃っているチーム10位にもランキングされている。同メディアは大谷を「オールスターに選ばれるほどの投球をしている」と称賛し、新戦力のマイケル・ロレンゼンやノア・シンダーガード、今季まだ1本もホームランを許していないパトリック・サンドバルを素晴らしい投手と高く評価している。

 そして、エンジェルスは投打の好調だけではなく、大谷がメジャー通算100号を達成するなどの明るい話題でチームの雰囲気も盛り上がっている。

 24日から始まるテキサス・レンジャースとの2連戦、続くトロント・ブルージェイズとの4連戦で、エンジェルスは悲願の首位に躍り出ることはできるだろうか。今後のエンジェルス、そして大谷に注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】超特大135m弾! 大谷翔平の日米通算150号、今季9号をチェック!

ア・リーグMVPレースはトラウトvsジャッジの一騎討ち!? 打撃出遅れの大谷翔平に韓国紙は「オオタニはいつ爆発するか分からない」

「まったくいらない発言だ!」ヤンキースベテラン戦士の“差別的ジョーク”が波紋。受けたホワイトソックス遊撃手は激昂

関連記事(外部サイト)