新庄日本ハムの「強み」と「弱点」。積極性が増した打線は長打力増も、先発4番手以降に課題<SLUGGER>

新庄日本ハムの「強み」と「弱点」。積極性が増した打線は長打力増も、先発4番手以降に課題<SLUGGER>

就任以来、話題を振り撒き続ける新庄ビッグボス。果たして新生チームはどんな特徴を見せているのか、今季をデータで振り返ってみよう。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

開幕から日本ハムのビッグボス=新庄剛志監督が大きな話題を集めている。もっとも、驚きの発言や行動が注目される一方で、「実際のチーム」がどのような状態にあるのかは触れられる機会が少ないように思う。

 現在、日本ハムはパ・リーグ最下位。果たして彼らはどれほどの実力を持ったチームなのか、どういった課題があるのか。そして、ビッグボスの采配はどのような影響を生んでいるのか――新生・日本ハムについてフラットな視点で評価を行っていこう。
※データは5月22日終了時点

 まず、「得失点差」を見ていこう。日本ハムは交流戦前の段階で勝率.400。5位と1.5ゲーム差の最下位となっている。ここまでの戦いぶりからパ・リーグでは一段階劣るチームと見る人もいるかもしれない。しかし、実際の勝率と得失点差を見ると見え方は変わってくる。

●パ・リーグ順位
【1位】楽天/勝率.634/得失点差+40
【2位】ソフトバンク/.595/+30
【3位】オリックス/.478/−29
【4位】西武/.477/±0
【5位】ロッテ/.432/−20
【6位】日本ハム/.400/−21
  日本ハムはここまで得失点差が−21。3位オリックスの−29を上回り、5位ロッテの−20に迫る数字を記録している。統計的な研究により、得失点差の大小は試合が多くなるほど順位にそのまま反映されやすくなることが分かっている。つまり、得失点差はチームの実力を反映している数字なのだ。

 この視点で考えると、日本ハムは最下位ではあるもののオリックス、ロッテとさほどチーム力に差がある状態ではないと見ることができる。

 次に、具体的に得点&失点ごとにチームの戦力を評価していこう。まず得点面だ。

 今季の日本ハムはリーグ3位の1試合平均3.29得点。昨季が3.17点でリーグワーストだったこと、また今季のパ・リーグが極端な投高打低傾向にあることを考えると、かなり健闘していると言っていいだろう。

<パ・リーグ平均得点>
【1位】ソフトバンク/4.00
【2位】楽天/3.76
【3位】日本ハム/3.29
【4位】ロッテ/3.02
【5位】西武/2.98
【6位】オリックス/2.63


【動画】新庄BB“仕込み”の初球攻撃! ブレイク中の万波中正が放った豪快弾

【関連記事】出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>

【関連記事】開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER> 得点面で特に注目すべきは「長打力」だ。ここ数年の日本ハムは長打力不足に苦しみ、その結果、得点面で他球団に大きな差をつけられていた。昨季のチーム本塁打はわずか78。100本塁打未満はパ・リーグで日本ハムだけだった。

 しかし今季は、交流戦前の時点で38本塁打を記録し、これは堂々のパ・リーグ1位。2位の楽天と西武には10本の差をつけている。万波中正や今川優馬など、若手スラッガーの積極起用も結果につながり、これまでとは逆に長打力でアドバンテージを奪うチームに変貌を遂げた。

<パ・リーグ本塁打数> 
【1位】日本ハム/38本(45試合)
【2位】楽天/28本(42試合)
【3位】西武/28本(45試合)
【4位】ソフトバンク/24本(43試合)
【5位】ロッテ/21本(45試合)
【6位】オリックス/17本(46試合)
 「積極的なスウィング」も新庄日本ハムの特徴だ。昨季までの日本ハムは、どちらかというと打席アプローチが慎重な傾向が強かった。昨季の日本ハム打線が投球に対してスウィングした割合は44.9%でリーグ4位。しかし今季は49.5%でパ・リーグ1位になるまでに急上昇しているのだ。

 新庄ビッグボスも「バットを出さない限り一生結果は出ない」と語っていて、選手たちに積極的に振ることを推奨している。そうした姿勢が積極性の向上、ひいては本塁打の増加にも寄与していると言えるだろう。

 しかし、このスウィング率の上昇にはデメリットもある。積極的に振るがゆえに、ボール球にも手を出すことが増えて、四球での出塁ができなくなることだ。チーム全体の四球率(四球÷打席)を見ると、昨季はリーグ3位の8.9%だったが、今季はリーグ最低の5.5%まで低下している。

 昨季、ファームでは11.8%とよく四球を選んでいた万波は、今季一軍108打席連続四球なしという珍しい記録を残すまでになっている(24日のヤクルト戦でようやく初めての四球を記録)。長打力のアップと出塁能力の低下。このように、打席での積極姿勢にはメリットとデメリットがある。ただ、投高打低のパ・リーグにあって昨季以上の得点を生み出していることを考えると、トータルとしては攻撃陣はレベルアップしているという評価を下してもいいかもしれない。

【動画】新庄BB“仕込み”の初球攻撃! ブレイク中の万波中正が放った豪快弾

【関連記事】出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>

【関連記事】開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER> 一方、失点阻止(投手・守備)の面ではどうだろうか。ここまで、日本ハムの1試合平均失点は3.76点でリーグワースト。得点力は向上しているものの、失点の多さがそのアドバンテージを食いつぶしてしまっている。中でも先発ローテーションの層の薄さが深刻だ。

 上沢直之、伊藤大?、加藤貴之の主戦3投手はここまで素晴らしい投球を見せている。3投手は交流戦前で164イニングを消化。先発上位3投手の投球回を他球団と比較した場合、日本ハムの数字はリーグダントツの数字となっている。

<先発上位3投手の投球回比較>
【1位】日本ハム/164.0回
【2位】ソフトバンク/153.1回
【3位】ロッテ/151.2回
【4位】オリックス/147.0回
【5位】西武/144.2回
【6位】楽天/139.2回
  しかし、4番手以降を見ていくと、陣容は一気に心細くなる。4番手以降で最も多くイニングをこなしているのは杉浦稔大の15.1イニング、その次は金子千尋の13.0イニングでしかない。

 昨季は抑えを務めていた杉浦は、今季開幕もブルペンで迎えたが4月下旬から先発に転向。その杉浦がイニング数4番目というのは、それほど選手が入れ代わり立ち代わりして固定されていないということだ。飛躍が期待されていた立野和明、河野竜生がいずれも不発、年俸2億4000万円の新助っ人ガントがここまで一軍未登板と誤算が相次いでいる。

 今後、この問題に首脳陣はどう対処するのだろうか。ファームから新戦力を抜擢するのか、はたまた既存戦力の配置転換で戦力向上を目指すのか。ビッグボスとともに投手コーチの手腕が試されることになりそうだ。

 ここまで、現状の日本ハムの戦力分析を行った。現状は最下位に沈み、24日から始まった交流戦でもヤクルト相手に2試合連続サヨナラ負けを喫するなど厳しい状況だ。だが、ポジティブな要素もあり、最下位確定というような状況ではまったくない。若い選手が多いだけに伸びしろは十分。ビッグボス采配でこれからチームがどのように変貌を遂げるのか注目だ。

文●DELTA(@Deltagraphs/https://deltagraphs.co.jp/)

【著者プロフィール】
2011年設立。セイバーメトリクスを用いた分析を得意とするアナリストによる組織。集計・算出した守備指標UZRや総合評価指標WARなどのスタッツ、アナリストによる分析記事を公開する『1.02 Essence of Baseball』の運営、メールマガジン『1.02 Weekly Report』などを通じ野球界への提言を行っている。書籍『プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート5』(水曜社刊)が4月6日に発売。


【動画】新庄BB“仕込み”の初球攻撃! ブレイク中の万波中正が放った豪快弾

【関連記事】出番激減中のロッテ田村獲得、将来のため首位打者の松本放出も? 新庄ビッグボスにオススメしたい「4つのトレード案」<SLUGGER>

【関連記事】開幕1か月の「ブレイク野手」は? “4割打者”・松本は危険フラグも、三森と石川は今後も活躍をキープか<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)