「キング独走の第16号」山川穂高が交流戦2本目の本塁打!上茶谷大河の超スローカーブをバックスクリーンへ叩き込む

「キング独走の第16号」山川穂高が交流戦2本目の本塁打!上茶谷大河の超スローカーブをバックスクリーンへ叩き込む

今季16号の本塁打を放った山川。球場は大歓声に包まれた。写真:徳原隆元

5月28日、西武の山川穂高は、ベルーナドームで行なわれたDeNA戦に「4番・ファースト」で先発出場。今季16号となる2ランホームランを放ち、チームの勝利に貢献した。

【動画】「キング独走の第16号」山川穂高がバックスクリーンへ叩き込んだ豪快な一発をチェック

 2点リードの3回2死一塁で迎えた第2打席だった。山川は、緩急を使ったピッチングを武器とする相手先発、上茶谷大河と対戦。カウント1-0からの2球目、真ん中低めに入った94キロスローカーブを見逃さずに捉えると、打った瞬間それとわかる豪快な一発をバックスクリーンへ。交流戦2本目の本塁打を記録し、リードを4点に広げた。

 試合を生配信したDAZNの公式ツイッターも「カーブを捉えた 山川穂高 交流戦2本目のアーチはキング独走の第16号」と綴り、その様子を伝えている。山川がダイヤモンドを一周すると、お決まりのどすこいパフォーマンスでベンチもファンも大盛り上がり。歓喜の渦に包まれた。
  驚異的なスピードでホームランを量産し、本塁打ランキング首位をキープしている山川。どこまで記録を伸ばせるか注目だ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「野球やってるなぁって感じが凄く楽しい」メキシコに近い田舎町で再起を期す安打製造機【秋山翔吾“最後の挑戦”:前編】<SLUGGER>

【関連記事】西武復帰説も浮上した交渉の舞台裏。アメリカに引き留めた“夢物語”への微かな期待【秋山翔吾“最後の挑戦”:後編】<SLUGGER>

【関連記事】佐々木朗希は「日本の天才」とMLB公式が熱視線! 現地の評価もうなぎ上り「各球団の目に間違いなく留まっている」

関連記事(外部サイト)