「地球の70%は海。残りはベラスケスがカバーしている」エンジェルス内野陣を支える男が送った壮絶な生い立ち<SLUGGER>

「地球の70%は海。残りはベラスケスがカバーしている」エンジェルス内野陣を支える男が送った壮絶な生い立ち<SLUGGER>

無印からチームの愛され中心選手に成長したベラスケス。好守の裏にはつらい過去もあった。(C)Getty Images

今季最多の5連敗中とはいえ、エンジェルスのここまでの戦いぶりは大健闘と言っていいだろう。昨季は故障に苦しんだマイク・トラウトが復活し、テイラー・ウォードの大ブレイクという嬉しい誤算もあった。そして、ウォード以外にも、意外な活躍を見せている男がもう一人いる。27歳の遊撃手アンドリュー・ベラスケスだ。

 ここまでの成績は126打数で打率.202、2本塁打、OPS.542と、打撃面はメジャーでも最下層に位置する。それでも、勝利貢献度bWAR1.1はチーム全体で7番目、豪腕ノア・シンダーガード(0.7)より高い。これはひとえに守備の貢献によるものだ。「ピッチャーなら誰でも彼にショートを守ってほしいと思うよ。何ならバットを振らなくてもいい」(アーチー・ブラッドリー)、「ショートのマジシャン」(ジャレッド・ウォルシュ)とチームメイトが心の底から惚れこむ守備は、小柄(175cm、77kg)な体格に似合わずダイナミックで、しかも判断力も抜群。守備指標DRS8は全ポジションでメジャー3位に位置しており、前評判が低かった投手陣の健闘を陰で支えている。

 エンジェルスは昨オフ、ショートが補強課題の一つに挙げられていたが、カルロス・コレア(現ツインズ)ら大物選手獲得には動かなかった。当初は便利屋のデビッド・フレッチャーをあてがう予定だったが、フレッチの故障でお呼びがかかったのが、ヤンキースからウェーバーで獲得していたベラスケスだった。

 4月12日のメジャー昇格後、先の通り絶対的な守備力とハッスルプレーでチームの信頼を勝ち取ったベラスケスは、現地5月31日から行われるヤンキー・スタジアムでのヤンキース戦に臨むことになる。ブロンクス出身の彼にとっては、まさに故郷に錦を飾る舞台。だが、ここまでの道のりは決して平坦なものではなかった。

【動画】ベラスケスの“神すぎる”ファインプレー! 背面送球でピンチを救う
  幼い頃からデレク・ジーターに憧れ、野球に打ち込む日々を送っていたベラスケス。しかし、薬物依存が深刻な問題となっている地区で育ち、周囲には“不良”が多かった。14歳の頃、ベラスケスも周りに感化されて無断で野球の練習を休んだこともあったという。

 しかし、そんな彼を導いてくれる人がいた。ニューヨーク市警で働き、覆面麻薬捜査官も担っていた父だ。父はベラスケスに「お前が今、つるんでいる奴らは良くない。関係をきっぱり辞めるべきだ。そして、自分が将来何をやりたいのかをしっかり決めろ」と語りかけた。

 この言葉がきっかけで目が覚めたベラスケスは、その情熱をすべて野球に注ぎ込むことになった。当時を述懐し、「僕にはドラッグに手を出した友人がいる。そして、薬物絡みで死んだ奴らもいる。もしかしたら、僕もその道に入っていたかもしれないけど、親父がすぐに気づいてくれたんだ」と語っている。

 2012年ドラフト全体7巡目でダイヤモンドバックスに指名されてプロ入り。6年の月日を経てレイズでメジャーデビュー後はなかなか結果を残せず、すでに5球団を渡り歩いてきた。苦難の道を経たからこそ、ベラスケスは今、メジャーのフィールドで戦う楽しさを噛みしめている。
  5月29日の試合前、エンジェルスナインはお揃いのTシャツを着ていた。そこにはこう書いてある。

「地球の70%は海で覆われている。そして、残りは“スカッド”(ベラスケスのニックネーム)がカバーしている」

 チームメイトに愛され、そして圧倒的な守備力で信頼を勝ち取っているからこそのフレーズ。今は完全に“専守防衛型”だが、ジョー・マッドン監督は打撃もまだ伸びる余地があると期待している。そしてこうも語っている。

「もし彼が打てるようになったら、彼の価値が上昇しすぎて契約できるチームもなくなるだろう。それほど凄いショートストップなんだよ」。

 悪の道には染まらなかったベラスケスだが、「血は争えない」と言うべきか、服装はいかにもストリートのチンピラ系。そのファッションはチーム内でも話題を集め、先日の遠征ではチーム内に「ベラスケスのような服装をしてくること」とお達しが出され、それぞれが「ベラスケス風ファッション」で集まった。

 押しも押されもせぬメジャーの正遊撃手としてヤンキー・スタジアムのフィールドに立つベラスケス。どんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

構成●SLUGGER編集部

【関連記事】期待外れドラ1と烙印を押されたテイラー・ウォードの“逆襲”。大谷翔平の前を打つ切り込み隊長の成長物語<SLUGGER>

【関連記事】サンデー大谷だ! 大谷翔平は「日曜日」に3戦連続アーチ含む4発、打率.387。日本の朝に勇気を届ける

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

関連記事(外部サイト)