外野の守備固め&敗戦処理は本当に根尾のためになるのか。登板時も最低1打席の保証を【氏原英明の直球勝負】<SLUGGER>

外野の守備固め&敗戦処理は本当に根尾のためになるのか。登板時も最低1打席の保証を【氏原英明の直球勝負】<SLUGGER>

便利屋としてプロで生き残る道を見出す。それは大事なことだが、果たしてそれは根尾にとってベストなのだろうか?写真:徳原隆元

「試合に出るための手段の一つという考え方ですね」

 おそらく2013年以前の球界であれば考えられないことだっただろう。

 コンバートではなく2つを同時にやる――。大谷翔平が成功させた二刀流は、次なる挑戦者を生み出している。日本ハムの上原健太やドラフト候補の矢澤宏太(日体大)など、どれも大谷ほどのスケールはないにしても、片方に絞るのではなく、投打両方で才能を発揮させるという点で大谷がもたらした功績は大きい。

 大谷が日本ハムに入団した2013年当時、大きな批判を浴びながらも壮大な計画を首謀した日本ハムのスカウト部長・大渕隆氏はこんな話をしていたものだった。

「二刀流、二刀流って言われますけど、彼の持っている能力を考えると、選択肢を狭めないようにすることがまず大事なんです。投打両方に魅力があるわけですから、入り口を広くしておこうということです」

 そこで、今、日本で新たな二刀流候補として注目され始めているのが、中日の根尾昂である。
  5月21日の広島戦でプロ初登板を果たすと、交流戦に入って29日のオリックス戦でもマウンドに上がった。ともに、ストレートの最速は150キロを計測。投手として可能性を感じさせた登板と言える。

 もともと、大阪桐蔭高校時代から投打に能力を発揮してきた選手だった。春夏連覇を含めて3度の全国制覇を経験しているが、うち2度、胴上げ投手となっている。決勝戦での打順は2年春こそ途中出場だが、3年春と夏は5番を務めていた。

 プロ入り後、どちらをやるか注目された根尾だが、遊撃手としての道を選んでいた。

 しかし、高校時代ほど攻守ともに輝きを見せることはできなかった。遊撃手としての安定感は京田陽太に劣り、バッティングはまだまだ一軍レベルにない。それでも、出場機会を求めて外野手として出場。肩の強さ、スローイングの安定性から一軍の戦力にはなれていた。

 今年開幕前には内野手から外野手登録に変更。京田の不調で再び遊撃手の練習を再開したが、スタメンを務めるほど信頼感を得られておらず、その中で投手としての出場も果たすことになったのだ。
  傍目から見ていると、中日の根尾への扱いは粗悪に映る。

 遊撃手として入団しながら安易に外野手をさせ、どっちつかずの状態のまま、一軍に帯同。今季は二軍に落ちていた時もあったが、打撃面では大きな飛躍がないにも関わらず、内外野を守れるからと一軍メンバーに入り続けている。そのなかでの投手起用である。

 といっても、「大谷のように」と考えるのは間違いだ。

 二刀流といっても根尾の場合、たったの1イニングに過ぎない。それも試合の大勢が決した場面での起用だ。投手としての将来的なビジョンも見えてこないし、球団は根尾をどの立ち位置を任せたいのか不明瞭である。

 もっとも、物事は捉え方次第でもある。

 昨今、投手起用については先発・リリーバーに限らず、疲労を残さないような起用が日本球界では当たり前になってきている。中6日のローテーションを守るだけでなく、昨年の佐々木朗希(ロッテ)、奥川恭伸(ヤクルト)がそうだったように、若い投手についてはいわゆる「投げ抹消」で登板間隔を中10日以上を空けるチームも増えている。

 リリーバーに関しても、昨季のパ・リーグの覇者・オリックスは3連投をさせていないし、他にも1週間の登板数を制限するなど投手に負担をかけないよう務めるチームが増えているのだ。
  極力、投手の疲労を蓄積させたくない。大量得点差の試合な、なおのことそう考えるものだ。

 そこで根尾のような存在に白羽の矢が立った。

 投手として帯同しているわけではない。しかし、1イニング限定なら投手並みのピッチングをこなすことができる。イニングを稼ぐ投手としての起用をさせるという考えはある意味で先進的な戦略になり得るかもしれない。

 給料などの面が保証されるのであれば、そんな戦略も間違いではない。根尾の投手起用は真っ当な考えとも受け取れるのだ。

 とはいえ、ここで懸念されるのは、根尾のような選手をそのような小間使いをして良いのかということだ。大量得点差でのみ投手として起用するかもしれないからと一軍に置きっぱなし状態になることもあり得る。その扱いが果たして根尾にプラスになるのだろうか。

 根尾が投手だけでなく内野手、外野手として試合に出場するのはこれまでの野球人生では例外的なことではない。先に大阪桐蔭時代にもそうであったと書いたが、器用であるがゆえに、ある程度こなせてしまうところが彼の持ち味でもある。
  そんなマルチ起用について、かつて本人に尋ねたことがある。

 根尾はシンプルな言葉でこう語っていた。

「試合に出るための手段の一つという考え方ですね」

 試合に出るためにこなせるポジションは多くあった方がいい。そのうちの一つに投手も含まれている。根尾はそんな風に考えているのかもしれない。高校時代はライト、センター以外に、三塁とショートの出場経験がある。おそらく、レフトも二塁も一塁も必要であればできただろう。

 さまざまなオプションを持つことで試合出場が叶い、居場所を確保できる。これは根尾にとってポジティブな要素だった。事実、プロに入ってからも彼の出場機会に貢献したのは外野ができるポテンシャルである。彼が投手として起用を受け入れたのも、「試合に出る」ことにフォーカスして納得できたからではないか。
  一方で、そうであるからこそ投手で起用する限りは約束されるべきことがある。それは根尾に対して「1打席」を保証することだ。

 野手・根尾にとって今、必要なのは打席経験だ。外野の守備固めと敗戦処理をこなす便利屋としての出場ばかりになれば、打席の確保はままならない。

 果たして、それは根尾のためになるのだろうか。

 先述のように、根尾は「試合に出るための手段」として複数のポジションでの起用を受け入れた。ただ、それは打席も含めて試合に貢献するという意味合いだったに違いない。

 つまり、根尾をもし野手として今後も育てる気があるのであれば、敗戦処理の登板であっても、最低1打席は保証するべきではないか。打席経験を積めない若手が成長することはほぼないと言っていい。

 もっとも、根尾を投手に転向させようとしているのなら話は別だが……。

取材・文●氏原英明(ベースボールジャーナリスト)

【著者プロフィール】
うじはら・ひであき/1977年生まれ。日本のプロ・アマを取材するベースボールジャーナリスト。『スラッガー』をはじめ、数々のウェブ媒体などでも活躍を続ける。近著に『甲子園という病』(新潮社)、『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋社)では監修を務めた。根尾の二刀流については、YouTubeチャンネル「野球を正しく伝えるチャンネル」でも論じている。
 

関連記事(外部サイト)