14連敗中のチームを救う豪快弾! 大谷翔平、10試合ぶりの12号逆転2ラン! 5連勝中のレ軍ピベッタから値千金の一発

14連敗中のチームを救う豪快弾! 大谷翔平、10試合ぶりの12号逆転2ラン! 5連勝中のレ軍ピベッタから値千金の一発

現地9日のレッドソックス戦に、大田には2番・DH兼投手のリアル二刀流でスタメン出場。10試合ぶりのホームランを放った。(C) Getty Images

現地時間6月9日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH兼投手」でスタメン出場。5回の第3打席で逆転の12号2ランホームランを放った。

【動画】大谷は5試合連続安打! 第3打席のライト前ヒットをチェック

 14連敗中のチームは現地7日に、就任3年目のジョー・マッドン監督を解任。フィル・ネビン監督代行が指揮を執り3戦目のゲームとなった。チームはテイラー・ウォードやアンソニー・レンドーンが故障離脱しているうえに、2日前の試合中に左股関節の張りを訴えたマイク・トラウトも前日に続きスタメンを外れるなど、苦しい台所事情となっている。

 そんななか先発マウンドに立った大谷は初回を3人で仕留めると、その裏の第1打席は5連勝中のレ軍先発ニック・ピベッタの前にカウント1-2と追い込まれてからの125キロのカーブに空振りの三振。3回の第2打席も142キロのチェンジアップで三振に打ち取られた。
  ここまで良いところのなかった大谷だが、迎えた5回の第3打席。無死一塁で打席に入った大谷は、ピベッタの投じた3球目の148キロストレートを強振すると、打球はセンターの頭上を越えスタンドイン。10試合ぶりの豪快な一発は、今季12号の逆転2ランとなった。

 試合はエンジェルスが5対2で勝利を収め、5月25日のテキサス・レンジャーズ戦から続いた連敗を14で止めている。大谷は7回を投げ4安打1失点6奪三振の好投を見せ、まさに投打にわたる二刀流の活躍で連敗阻止に大きく貢献した。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】大谷翔平、14連敗中のチームを救う逆転の12号2ラン!
 

関連記事(外部サイト)