敵将も「だから彼が世界一だと言い続けているんだ」と大谷翔平を絶賛! 圧巻の二刀流パフォーマンスに「非現実的だよ」

敵将も「だから彼が世界一だと言い続けているんだ」と大谷翔平を絶賛! 圧巻の二刀流パフォーマンスに「非現実的だよ」

マウンド上で雄叫びを上げる大谷。5月5日のレッドソックス戦以来となる4勝目をマークし、打者としても10戦ぶりの12号2ランを放った。(C)Getty Images

圧巻の二刀流パフォーマンスに敵将も賛辞を惜しまない。

【動画】大谷が投打で大活躍! 今季最速101マイル&豪快な12号2ランをチェック

 現地時間6月9日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたボストン・レッドソックス戦に「2番・DH兼投手」で先発。投げては7回4安打1失点、打っては12号2ランを含む4打数2安打2打点の大活躍で、5対2のチーム勝利に貢献し、連敗を「14」でストップさせた。

 一方、レッドソックスの連勝は「7」で止まったが、MLB公式サイトによると、レッドソックスを率いるアレックス・コーラ監督は試合後、大谷の投球内容について「今日もよかった」と始めたうえで、「7回を投げ抜いてホームランも打つなんて本当に素晴らしいよ」と話したという。
 その後も、「だから、私は彼のことを世界一のアスリートだと言い続けているんだ」と続けた46歳の“若き名将”は、「マウンドでも打席でも、このレベルで戦えるというのは、驚くべきことだ。非現実的だよ」と大谷への賛辞が止まらない。圧巻の二刀流パフォーマンスを前に驚きを隠せなかったようだ。

 光の見えないトンネルをようやく抜けたエンジェルスは現在、アメリカン・リーグ西地区2位につけている。首位のヒューストン・アストロズとは9ゲーム差、ワイルドカード圏内まで2.5ゲーム差だが、ここから巻き返しとなるだろうか――。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷翔平の“打撃不振”は本当に「飛ばないボール」のせいなのか?50試合出場時点の成績を昨年と比較すると…<SLUGGER>

【関連記事】「最悪の走塁」エンジェルス“期待”のアデルが「ひどすぎる」ベースランニングで非難殺到! 大谷翔平を援護できず

関連記事(外部サイト)