大谷翔平&トラウトには「脱帽するばかり」。“アベック弾”を浴びたメッツ右腕が「球界トップクラスだ」と激賞

大谷翔平&トラウトには「脱帽するばかり」。“アベック弾”を浴びたメッツ右腕が「球界トップクラスだ」と激賞

この日、相手先発が許した9安打のうち5安打は、大谷(左)とトラウト(右)によるものだった。(C)Getty Images

メジャー屈指の“強力タッグ”に相手先発も感服せざるを得ない。

【動画】カラスコの失投を一振り! 大谷翔平の第13号アーチをチェック

 現地時間6月11日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたニューヨーク・メッツ戦に「3番・DH」でスタメン出場し、2試合ぶりの13号2ランをマーク。4打数3安打3打点(1四球)で今季4度目の猛打賞となり、チームも11対6と大勝した。

 また、左股関節の張りを訴えて離脱していた大黒柱のマイク・トラウトは、4試合ぶりにスタメン復帰。「2番・中堅」で試合に入ると、3回に15号ソロを放ち、6回にも16号2ランと快音が止まらず。大谷との頼もしい“トラウタニ”コンビでエンジェルス打線をけん引した。
  一連の圧巻のパフォーマンスを受け、5回途中9安打5失点で今季2敗目(7勝)を喫したメッツ先発のカルロス・カラスコは、「ただただ脱帽するばかり。あのふたりは球界トップクラスだ」と改めて両雄の偉大さを痛感したという。ニューヨークの地元紙『Newsday』が伝えている。

 また、ナショナル・リーグ東地区で首位に立ちながらも、2位のアトランタ・ブレーブスと5.5ゲーム差に詰められているメッツの現状に関してカラスコは、「これからも一生懸命にプレーし続け、そしてここでのすべてを大事にするだけだ」と指摘。さらに「そうすればすべてがいい方向へ行くだろう」と今後を見据えた。
 
構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】66本ペースのジャッジも大谷翔平に敵わない!? “投票権”を持つ米記者がMVPを推挙する理由「明らかに異常な数字だ」

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

関連記事(外部サイト)