【春季大会で大きく成長した高校生野手5選】智弁和歌山“優勝捕手”・渡部は打撃が進歩、日本航空石川の巨漢スラッガーも注目<SLUGGER>

【春季大会で大きく成長した高校生野手5選】智弁和歌山“優勝捕手”・渡部は打撃が進歩、日本航空石川の巨漢スラッガーも注目<SLUGGER>

高校生捕手では最高峰の渡部(左)、巨漢スラッガーの内藤(右)をはじめ、野手でも成長を見せる逸材が。写真:西尾典文

目玉となるドラフト候補が不在と言われた今年のセンバツ高校野球。4月からは全国各地で春季大会が行われ、ようやく最後となった東北大会も終了したが、各地方大会ではどんな顔ぶれが有望株として浮上してきたのか。投手、野手それぞれ5人ずつピックアップして紹介したいと思う。今回は野手編だ。

●渡部海(智弁和歌山高/捕手/179p・79s/右投右打)
 昨年夏は2年生ながら正捕手として甲子園優勝に貢献。そしてこの春は、攻守ともに着実にレベルアップした姿を見せている。低く正確なスローイングは上質で、2.00秒を切れば強肩と言われるセカンド送球タイムは楽々と1.9秒台をマーク。キャッチング、ブロッキングも安定しており、タイプの異なる投手をt巧みにリードする。

 打者としてもクリーンアップに定着し、確実性・長打力ともに格段に向上。春の近畿大会では3試合で10打数5安打をマークし、攻撃面での貢献度も大きい。高校生のキャッチャーでは松尾汐恩(大阪桐蔭高)と並ぶ存在と言えるだろう。
 ●内藤鵬(日本航空石川高/三塁手/180p・100s/右投右打)
 今年の高校生ではナンバーワンの呼び声高い巨漢のスラッガーだ。2年春の県大会では5試合で5本塁打を放ち、一躍注目を集めた。パワーはもちろん、身体が開くことなくスムースに振り出せるスウィングは技術力の高さもうかがえる。三塁守備の動きも悪くなく、肩の強さも持ち味だ。

 今年の春はプレー中に左肩を痛めた影響で少し出遅れたものの、県大会終盤に復帰。6月に行われた北信越大会では決勝戦でホームランを放つなど、3試合連続マルチヒットで6割を超える打率を残し、チームの優勝に大きく貢献した。夏は厳しいマークが予想されるが、その中でどんな打撃を見せてくれるか注目だ。

●光弘帆高(履正社高/遊撃手/178p・80s/右投左打)
 関西を代表する三拍子揃ったショートストップ。昨年まではどちらかというと守備が目立っていたが、この春は身体つきも打球も見違えるように力強くなった。下半身にはパワーがあり、無駄な動きの小さいスウィングでスムースに強く引っ張ることができる。また、ショートの守備も軽快なフットワーク、巧みなグラブさばきで球際に強く、スナップスローの上手さも一級品だ。

 春の大阪府大会では大阪桐蔭高に1点差で惜敗したものの、来年のドラフト上位候補と言われている前田悠伍(2年)から先制のタイムリースリーベースを放って存在感を示した。この夏も、大阪桐蔭にとって最もマークすべき選手になることは間違いないだろう。
 ●藤田大清(花咲徳栄高/外野手/187p・82s/右投左打)
 スケールの大きさが魅力の大型外野手。昨秋の関東大会では初戦で東海大相模高に敗れ、藤田自身もノーヒットに終わったが、その悔しさをバネに大きく成長を遂げた。ゆったりと大きく構え、タイミングのとり方に余裕があるのでボールを長く見ることができる。スムースな振り出しでヘッドの走りも良く、軽く振っているようでも飛距離が出るのが長所だ。

 また、長いリーチを上手くたたんで内角もさばき、対応力の高さも備えている。この春の県大会では打った瞬間にそれと分かる満塁ホームランを放つなど、その長打力を遺憾なく発揮した。花咲徳栄高は7年連続でプロ野球選手を輩出しているが、その記録を伸ばせるかは藤田のこの夏の活躍にかかっていると言えそうだ。
 ●井坪陽生(関東一高/外野手/177p・90s/右投右打)
 東京を代表する外野手で、運動能力の高さと長打力を兼ね備える。昨秋までは力はあるものの、それを持て余している印象だったが、この春は確実性が大きく向上した。以前よりもバットを高く上げて大きく構えるようになり、打撃のスタイルは中島宏之(巨人)と重なるものがある。リストの強さに加えて身体の回転も鋭くなり、少し厳しいコースでも軽々と強く引っ張ることができるようになった。

 投手も兼任しており、肩の強さも申し分ない。春の関東大会では4試合で6安打、すべてが長打と持ち味を十分に発揮した。プロでも貴重な右の強打者タイプだけに、夏も高い注目を集めることになるだろう。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間300試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【春季大会で大きく成長した高校生投手5選】苫小牧中央・斉藤はドラフト上位も狙える? 大阪桐蔭を破った武元も順調にステップアップ<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)