「日本の至宝がノーヒッターを破るのは皮肉だ」――大谷翔平の痛烈な一撃に敵将が明かした偉業未達成左腕の本音

「日本の至宝がノーヒッターを破るのは皮肉だ」――大谷翔平の痛烈な一撃に敵将が明かした偉業未達成左腕の本音

あと2人でノーノー達成のアンダーソン(左)に痛烈な一打を見舞った大谷(右)。(C)Getty Images

9回1死までノーヒットを続ける相手先発に大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)は痛烈な一撃を喰らわせた。

 現地時間6月15日、敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦で、エンジェルスは左腕タイラー・アンダーソンの好投に苦戦。最終回までノーヒットに抑えられていた。

 そして0対4で迎えたラストでイニング。1死無塁の局面で第4打席に立った大谷は、初球の高めに入ったカットボールを鋭い当たりで捉えた。右翼を守っていた名手ムーキー・ベッツは、仲間を援護するため果敢に飛び込むも届かず。打球はワンバウンド後フェンスに跳ね返った。
【動画】ノーヒッターは阻止! 大谷翔平が9回1死から放った意地の三塁打をチェック

 その隙に大谷は快速を飛ばし3塁へ到達。見事に偉業を阻んだのである。ノーヒット未遂に終わった左腕は、ここでクレイグ・キンブレルにマウンドを譲った。
  あと2人を抑えれば、大記録が生まれるはずだったが、昨季のアメリカン・リーグMVP男に手痛い一打を打たれてしまったアンダーソン。米放送局『NBC Chicago』によれば、試合後に本人は「またとない機会だったかもしれない。9回はノーヒットを狙っていたんだ」と無念さを滲ませた。

 大記録を阻まれたシーンを悔やむのは首脳陣も同様だ。ドジャースを指揮するデーブ・ロバーツ監督は、この試合が日本への野球伝来150周年を記念した「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」だったことをふまえ、「『日本の至宝ショウヘイがノーヒッターを破るというのは少し皮肉だね』と彼は私につぶやいたよ。ただ、そんなに動揺はしていなかったね」と苦笑した。

 16日は先発登板を予定する二刀流スター。エンジェルスは3連敗を喫したものの、土壇場で大谷が生んだ勢いは、明日へと繋がる一打となるだろう。

構成●THE DIGEST編集部 

【関連記事】「オオタニは野球ファンが嫌いなのか」大谷翔平の“ノーヒッター阻止”に全米阿鼻叫喚! ツイッタートレンドも4位に「Ohtani」が

【関連記事】「全くもって憎ったらしい」土壇場で魅せた大谷翔平の“ノーノー破り”に元ドジャース戦士は皮肉!「彼も投手なのに」

【関連記事】エンジェルスが大谷翔平と契約延長交渉!シャーザー超え「年俸58.5億円」を検討も長期契約には「消極的」と米メディアが報じる
 

関連記事(外部サイト)