大谷翔平の“ノーノー阻止”は「打たれた瞬間にわかった」。ドジャース左腕は決死のダイブをした同僚に感謝「あれ以上は望めない」

大谷翔平の“ノーノー阻止”は「打たれた瞬間にわかった」。ドジャース左腕は決死のダイブをした同僚に感謝「あれ以上は望めない」

9回1死までエンジェルス打線を無安打に抑えていたアンダーソン(左)だが、大谷(右)にノーヒッターの夢を打ち砕かれた。(C)Getty Images

土壇場で見せたサムライの意地を相手左腕が振り返っている。

【動画】ノーヒッターはさせん! 大谷が9回に放った“意地のスリーベース”をチェック

 現地時間6月15日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたロサンゼルス・ドジャース戦に「3番・DH」でスタメン出場し、4打数1安打。9回1死の第4打席で初球カッターを捉えた打球が、相手先発のノーヒットノーランを打ち砕くスリーベースとなった。

 快挙達成まであと2死と迫っていたのは、今季ここまで7勝無敗と好調を維持してきた左腕タイラー・アンダーソンだ。惜しくもノーヒッター達成はならなかったが、この日も8回1/3を投げて1失点、8三振と好投。エンジェルス打線を翻弄し、無傷の8勝目をマークして見せた。
  地元紙『Orange County Register』によると、アンダーソンは試合後、大谷の一撃について「打たれた瞬間にヒットだとわかった」と回顧。その打球を懸命に追ってダイブした右翼手のムーキー・ベッツに対しては、「彼の頑張りに惚れ惚れする。あれ以上のものは望めない」と感謝の気持ちを明かしたという。

 さらに、「彼は優れた守備者であり、優れたチームメイトだ」と称賛を続けると、あまりの奮闘ぶりに「ちょっと笑ってしまった」とも吐露。「彼が飛び込んでくれたのは、素晴らしい意思表示だったと思う。ただ、(打球は)すごく遠かった」と冗談交じりに同シーンを振り返っている。

 なお、最終回に1点を返したエンジェルスだが、逆転には及ばず1対4と敗戦。12日のニューヨーク・メッツ戦から、これで3連敗となった。相変わらず苦しい状況は続けている。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】名投手スモルツが語った大谷翔平とデグロムの“比較論”が物議! 米識者たちが「最高のオオタニになるよう集中させるべき」と異論

【関連記事】大谷翔平の“意外な一面”を米誌が特集! ヤンキースから加入した同僚が「思っていたよりもはるかに外向的だ」と語った姿とは?

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?