完璧に捉えた大谷翔平、8戦ぶり14号3ラン! 右中間スタンドに飛び込む2点差追撃の確信弾!!

完璧に捉えた大谷翔平、8戦ぶり14号3ラン! 右中間スタンドに飛び込む2点差追撃の確信弾!!

3番・DHで先発した大谷。(C) Getty Images

ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が現地時間6月21日、本拠地エンジェル・スタジアムで行なわれているカンザスシティ・ロイヤルズ戦に3番・DHで先発出場した。大谷は、第3打席で、右中間スタンドへ8試合ぶりの第14号アーチを放っている。

 大谷は、初対戦となったロイヤルズ先発のジョナサン・ヒーズリーとは初対戦。1回裏の第1打席は、初球を振り抜きバットの先端部に当てながらもしぶとくセンター前に運び、2試合連続の安打を放つ。 2打席目は一ゴロで凡退して迎えた3打席目。大谷は6球目の速球を強振すると、打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドへ。完璧に捉えた大谷らしい豪快な一撃は、8試合ぶりの14号3ランホームランとなった。

 試合はロイヤルズが初回から得点を重ね、5点のリードを奪っていたが、大谷のホームランでエンジェルスが6-4と2点差に迫っている。

構成●THE DIGEST編集部

【動画】打った瞬間に確信…完璧に捉えた弾丸ライナー! 大谷翔平が14号3ラン!

関連記事(外部サイト)