「またしても感動的な瞬間だ」エ軍監督代行も大谷翔平の“特大16号”を絶賛! 今週はスイングが「ずっと素晴らしかった」

「またしても感動的な瞬間だ」エ軍監督代行も大谷翔平の“特大16号”を絶賛! 今週はスイングが「ずっと素晴らしかった」

確信した様子で16号ソロを見送る大谷(左)。試合後には、この特大アーチをネビン監督代行(右)が称えた。(C)Getty Images

サムライが見せた奮闘に監督代行も賛辞を惜しまない。

【動画】快音とともに飛び出した圧巻弾! 大谷翔平の特大16号をチェック

 現地時間6月25日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたシアトル・マリナーズ戦に「3番・DH」でスタメン出場。チームが3対5で連敗を喫したなか、3試合ぶりの16号ソロを放つなど、4打数1安打1打点、1四球と存在感を発揮した。

 凄まじい一発が飛び出したのは、1点を追う3回2死走者なしの第2打席だ。相手先発ローガン・ギルバートと対峙すると、カウント3ー1から内角低めの速球を強振。これが打球速度118マイル(約190.0キロ)、飛距離462フィート(約140.8メートル)の圧巻弾となった。
  試合後、現地の中継を行なうエンジェルスの地元放送局『Bally Sports West』は、公式ツイッターを更新してフィル・ネビン監督代行の会見動画を掲載。そのなかで、背番号17の特大アーチに対して、「またしても感動的な瞬間だった」と惜しみない賛辞が送られている。

 また、2点を追う9回2死一、二塁という土壇場の第5打席で、ライトフライに倒れた大谷だが、このときの打球を「トップスピンがかかっていた」とネビン氏は分析。「今週はずっと素晴らしいスイングをしていた」と続けており、その圧倒的な存在に全幅の信頼を置いているようだ。

 しかし、依然としてチームは苦境に立たされている。今回の敗戦でアメリカン・リーグ西地区の4位に転落。一方、5連勝中のマリナーズは入れ替わりで3位に浮上した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

【関連記事】「これがストライクだと思いますか?」大谷翔平に次々と襲い掛かる“不可解ジャッジ”に米メディアが憤慨!「ショーヘイはノーと言う」

【関連記事】大谷翔平のMVP獲得に米記者が独自見解。「多くの人が“落ち目だ”と考えるような年」でも“可能性”が消えない理由

関連記事(外部サイト)