山川穂高が日本人最速での200号達成!“文句なし”の2打席連発に「僕、ホームランしか狙っていないので」とポツり

山川穂高が日本人最速での200号達成!“文句なし”の2打席連発に「僕、ホームランしか狙っていないので」とポツり

日本人最速での200号を達成した山川。驚異のペースでホームランを量産している。写真:滝川敏之(※写真は6月11日のもの)

6月26日、西武の山川穂高は、楽天生命パークで行なわれた楽天戦に「4番・一塁」で先発出場。第2打席に23号ソロを放ち、日本人最速での通算200号に到達。さらに第3打席にも2打席連発となる24号ソロをマークした。

【動画】「もうこの男は止められない!!」山川穂高が日本人最速での200号達成!メモリアルな瞬間をチェック

 両チーム無得点で迎えた4回無死走者なしの場面で魅せた。スライダーを武器とする楽天の先発左腕、早川隆久と対峙した山川は、カウント0-2から投じられた3球目、高めの変化球を見逃さずに捉える。打球はぐんぐん伸びて右中間スタンドへ。23号ソロを放ち、通算200号のメモリアルアーチを豪快にかっ飛ばした。

 続いて、1点リードで迎えた6回無死走者なしの場面でも、見事に決めた。カウント1-1からの3球目、早川の投じた144キロのストレートを完璧に捉えると打球は、左翼スタンドへ一直線。24号ソロを放ち、今季2度目となる2打席連続ホームランを記録。貴重な追加点を挙げた。

 4番の貫禄を見せつけた山川の2打席連続アーチ。試合を生配信したDAZNの公式ツイッターも「通算200号 #山川穂高 697試合目での達成はなんと日本人最速」と綴れば続けて、「これぞ4番 #山川穂高 文句なしの2打席連発。もうこの男は止められない!!メモリアル直後に201号ホームラン」と伝えた。
  なお、西武は0対2で楽天を破り、3連勝を飾った。試合後のインタビューで山川は、日本人最速での通算200号達成に「すごく嬉しく思っています」と一言。今後の目標について問われるとキングは、「僕、ホームランしか狙っていないので…。次は202本目、25本目を目指したいと思います」と意気込んだ。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】「“どすこい”と笑顔を届けたい」山川穂高が5月度月間MVPに!メンタルアドバイザーを務める女性医師も歓喜

【関連記事】「行け!ロベルト!」ロッテ入団決定の“大物助っ人”オスナに古巣が熱いエール!「日本での成功を祈ってる」

【関連記事】「111試合でマスク」「68安打」「ホームランでドカベン香川超え」――松川虎生に期待したい3つの“高卒新人捕手記録”<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)