偉大な父を持つ清原正吾と前田晃宏の課題は何か? 大学球界屈指の注目度を誇る“2世選手”の現状に迫る

偉大な父を持つ清原正吾と前田晃宏の課題は何か? 大学球界屈指の注目度を誇る“2世選手”の現状に迫る

今春のフレッシュトーナメントでは、ともに殊勲の活躍を見せた清原(左)と前田(右)。この両雄のパフォーマンスは小さくない話題となった。(C)産経新聞社

今春の東京六大学のリーグ戦では2位となり、惜しくも優勝を逃した慶応大野球部。昨春の全日本大学野球選手権では優勝、秋の明治神宮大会では準優勝と、全国でも屈指の実力を誇る。

 そんなチームにあって、下級生ながら高い注目を集めているのが、清原和博氏(元西武など)の長男である清原正吾(2年・一塁手)と、前田智徳氏(元広島)の次男である前田晃宏(1年・投手)だ。ともにリーグ戦出場はまだないが、偉大な父を持つ“二世選手”だ。

 そして、この2人が最近話題となったのが、春のリーグ戦後に行なわれたフレッシュトーナメントだ。2年生以下の選手のみが出場できるいわゆる新人戦にあたるものである。

 慶応大は予選リーグで2位となり、決勝進出は逃した。だが、3位決定戦ではライバルである早稲田大を破る。その試合で活躍したのが、清原と前田だった。前者はダメ押しのタイムリー、後者は先発登板を果たして4回を無失点の好投。試合後には揃ってインタビューに答える姿も含めて、メディアでは大きく報道された。
  では、彼らの現時点での実力はどの程度のものなのか。

 中学、高校では野球から離れ、大学で再挑戦を決めた清原だが、昨秋、今春と2季連続でフレッシュトーナメントの4番を任されている起用法からも期待の高さがうかがえる。Bチームで行なうオープン戦では度々長打も放っており、高校野球未経験という過去を考えると、順調な成長ぶりと言えるだろう。しかし、この先も社会人やプロの高いレベルで勝負できる可能性に関して言えば、まだまだ未知数であるというのが現状だ。

 筆者が初めて清原のプレーを見たのは、昨秋のフレッシュトーナメントの明治大戦だった。だが、この試合では3打数ノーヒット、2三振とまだまだ大学野球のレベルに慣れていない印象を受けた。ちなみにこの時に対戦した2人の投手もリーグ戦でまだ目立った実績を残してはいない。堂々とした体格こそ目立つものの、緩急に対応できておらず、誘うような緩い変化球に簡単に体勢を崩されてしまうという印象が否めない。この秋のフレッシュトーナメントも清原は9打数1安打に終わっている。

 そして、次に見たのが、今春の法政大戦だったが、この試合でも第4打席に死球での出塁はあったものの、4打数ノーヒットに終わっている。相手投手は奇しくも同じ二世選手である吉鶴翔瑛(2年・木更津総合。父はソフトバンクの吉鶴憲治バッテリーコーチ)だったが、140キロを超えるストレートには完全に差し込まれており、自分のタイミングでのスイングができていなかった。

 ちなみに吉鶴は高校時代から評判のサウスポーであり、この日も最速149キロをマークするなど2年後にはドラフト候補になる可能性が高い投手でもある。清原も前述した早稲田大戦では1安打1打点、東京大戦では2安打を放っているように昨秋に比べるとレベルアップはしていたと言えるが、吉鶴のようなレベルの投手を打つにはまだまだボールに対する反応と振り出しの鋭さを改善する必要がありそうだ。 一方の前田は慶応高校でも1年秋から登板するなど、ポジションは違うものの実績に関しては清原を大きく上回っているのは間違いない。高校1年時にも彼の投球を見たが、球速こそ130キロ程度だったが、落ち着いたマウンドさばきと制球の良さは際立っていた。

 昨年6月に右膝の靭帯断裂という大きな怪我を負い、まだ回復途上と聞いているが、今春のフレッシュトーナメントでは2試合で6回2/3を投げて被安打2、無失点としっかり結果を残して見せている。

 筆者が現地で見た法政大との試合でも7回途中からマウンドに上がり、いきなり併殺打を打たせて取るなど、冷静なマウンドさばきという持ち味を十分に発揮している。ストレートの最速は136キロで、アベレージは130キロ台前半とまだまだ物足りないが、両サイドに投げ分けるコントロールは高校時代とは変わらぬ大きな武器となっている。
  さらに目立ったのが緩い変化球だ。とりわけチェンジアップは腕をしっかり振って投げており、ブレーキも抜群で、打者のタイミングを外すのに有効なボールとなっていた。9回に高校時代から評判の強打者である吉安遼哉(2年・大阪桐蔭)から奪った三振も決め球はこのチェンジアップだった。

 走者を背負った場面でマウンドに送り出されているように、ピンチにも落ち着いて自分のボールを投げられるというのも大きな持ち味である。ストレートに磨きをかける必要はあるが、コンスタントに140キロ台を超えてくるようになれば、コントロールと変化球が良いだけに社会人野球など、より高いレベルでプレーを続けられる可能性も十分に出てくるだろう。

 ともに偉大な父を持つため、必要以上に世間の注目を浴びる大変さもある。それは確かだが、それでも大学でのプレーを選んだのは立派の一言である。まずはリーグ戦での出場が直近の目標となるが、秋には更にレベルアップした姿を見せて、神宮を沸かせてくれると期待したい。

文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間300試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

関連記事(外部サイト)