西武が秋山獲得に「動かなければならなかった」切迫した理由とは。かつての野手育成手腕は一体どこへ……?<SLUGGER>

西武が秋山獲得に「動かなければならなかった」切迫した理由とは。かつての野手育成手腕は一体どこへ……?<SLUGGER>

秋山は古巣・西武に帰らず。だが、そもそも獲得を目指すこと自体が西武にとって本意ではなかったのかもしれない。(C)Getty Images

6月27日、秋山翔吾が広島東洋カープへ入団する意志を表明した。メジャーリーグでは結果を出せなかったとはいえ、今季3Aでは.343の高打率を残すなど、バッティング技術が衰えているようには見受けられない。何よりプロ野球記録の年間216安打、4度の打率3割をマークしたスター選手である。

 この史上屈指の安打製造機が日本復帰の意思を示した際、獲得に乗り出したのは広島だけではない。古巣の埼玉西武ライオンズが、空き番号となっていた背番号55を用意して真っ先に入団交渉に臨んだ他、外野陣に故障者が続出している福岡ソフトバンクホークスも名乗りを上げた。3球団による争奪戦の様相を呈していたが、「西日本に住むのもセ・リーグという環境も初めて。新しいことを知りたいという思いがある」というチャレンジ精神が、広島行きの決め手となったようだ。

 秋山の復帰が失敗に終わったことは、ライオンズ・ファンにとっては大きなショックだったろう。固定されたレギュラーが不在となっている「1番・センター」として、秋山は戦力的にもプラスになると期待されていたのは言うまでもないが、それだけではない。西武からは、これまで何人もの選手がメジャーへ挑戦している。しかしながら松井稼頭央、松坂大輔、中島宏之、牧田和久のうち誰一人として、日本へ戻ってくる際にライオンズを選ばなかった。メジャー帰りの選手が西武入りした例は一度もなく、これは12球団で唯一である。
  もちろん、どのチームを選ぼうが選手個人の自由ではあるが、ファンにしてみれば「それほどまでに愛着を持たれない、魅力の薄いチームなのか」と嘆きたくもなるはずだ。辻発彦監督、渡辺久信GMだけでなく、後藤高志オーナーまでもが親会社の株主総会で復帰を熱望していたのは、そうした側面もあったのではないかと思われる。しかしながら、その熱い思いはまたしても届くことはなかった。

 しかし、仮に秋山が西武へ復帰していたとしても、手放しで喜べたかどうかはまた別の話だ。というのも、秋山の力を必要としていたこと自体が、西武にとっては問題であるからだ。

 70試合を終えた時点で、西武打線の220得点はパ・リーグ4位。山賊打線の異名を取った爆発的な攻撃力によって18〜19年にはリーグ2連覇を果たしたが、その頃から比べると格段に迫力が低下している。それはもちろん、最強のリードオフマンだった秋山が抜けたのも大きな要因の一つである。だからその秋山を呼び戻すことができれば、ソフトバンクと楽天の上位2強に迫る切り札となれたかもしれない。
  しかしながら西武としては、秋山の代わりになるような外野手が育っていたほうが理想的だったはずだ。秋山が抜けた20年当時、後継候補の一番手として期待されていたのは高卒4年目の鈴木将平だった。秋山とは自主トレを一緒に行っていた直弟子に当たり、20年の序盤戦は好調に打ちまくって、すんなり師匠の後釜に収まるかと思われた。だが次第に勢いをなくし、結局46試合で打率.207、1本塁打にとどまると、その後も伸び悩みが続いている。

 翌21年にはセンターにドラフト4位の新人、若林楽人が抜擢されると44試合で20盗塁と走りまくって、盗塁王争いのトップを快走していた。これで秋山の穴も埋められたかと思ったのも束の間、5月に左ヒザ靭帯断裂の重傷を負ってシーズン終了となってしまう。今年6月に1年ぶりの復帰を果たしたが、まだ故障前の姿を完全には取り戻してはいない。

 他にも川越誠司、岸潤一郎、高木渉らのポスト秋山候補たちがいるが、みなレギュラーにはほど遠いレベルのまま年数を重ねている。こうして「1番・センター」だけでなく、外野陣全体が西武のウィークポイントになってしまっており、どうしても秋山の助けが必要な状況に陥っていたのだ。
  もし上記の選手たちが順調に成長し、レギュラーポジションを確保していたら、秋山を呼び戻す必要性は薄かった。もちろん彼ほどの選手が加わるのであれば、それだけでグレードアップにはなるから、いずれにしても獲得には向かったかもしれない。だが資金力に富むソフトバンクとの争奪戦を勝ち抜こうとするなら、”チーム愛”に訴えるだけでなく条件面でもかなりの上積みがないと苦しかっただろう。

 西武と言えば、数年前までは野手陣の育成能力を高く評価されていたチームだった。松井稼頭央(03年メッツへ移籍)や、浅村栄斗(18年楽天へ移籍)など、過去にも主力野手の流出はあったが、松井の時は中島裕之が、浅村の時は外崎修汰が成長してその穴を埋めた。

 他にも、近年は山川穂高や源田壮亮のように、プロ入り当初の見込み以上に成長する選手が多かった。また、10年のドラフト3位で指名された時点では、それほど有名な選手ではなかった他ならぬ秋山自身が、その代表格とも言える存在だった。まるで西武の首脳陣は、どんな野手でも打撃面の才能を開花させられる秘訣を知っているのではと思えるくらい、次々と好打者が輩出していたのだ。

 しかしポスト秋山候補たちだけでなく、ここ2〜3年の西武には野手で大きな飛躍を遂げた者が見当たらない。若林のようにケガに泣かされたケースもあったが、自慢の育成能力に陰りが見え始めているのも否めない。西武が秋山の獲得に「動かなければならなかった」という事実が、そうした事情を反映しているのだ。

文●出野哲也

【著者プロフィール】
いでの・てつや。1970年生まれ。『スラッガー』で「ダークサイドMLB――“裏歴史の主人公たち”」を連載中。NBA専門誌『ダンクシュート』にも寄稿。著書に『メジャー・リーグ球団史』『プロ野球「トレード」総検証』(いずれも言視舎)。
 

関連記事(外部サイト)