大谷翔平、週間MVPを逃すも“8打点→13K”は「歴史的快挙」 現地メディアが「前例のないことをやっている」と賛辞

大谷翔平、週間MVPを逃すも“8打点→13K”は「歴史的快挙」 現地メディアが「前例のないことをやっている」と賛辞

今季も投打二刀流で奮闘中の大谷。米球界に衝撃を与えた“歴史的な2日間”を米放送局が振り返っている。(C)Getty Images

球史を塗り替え続ける二刀流スターに現地メディアも感服するばかりだ。

【動画】メジャー自己最多の13奪三振! ガッツポーズも飛び出した大谷の投球シーンをチェック

 現地時間6月27日、米スポーツ専門局『Fox Sports』は、「チーム・オブ・ザ・ウィーク」と題した特集を掲載。人気アナリストのベン・バーランダー氏が、過去7日間に活躍した選手を各ポジション1名ずつピックアップし、それぞれのパフォーマンスを振り返っている。

 そのなかで「歴史的快挙が止まらない」とし、指名打者(DH)、先発投手の2部門で選出されているのが、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。現地6月21日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦では、2本塁打、8打点と大暴れし、その翌日にもマウンドでメジャー自己最多の13奪三振、6勝目(4敗)を挙げた。
 記事内ではまず、この2日間を「メジャー史上最高の連戦」と評しており、「8打点以上、10奪三振以上を同時に達成している選手は、過去にひとりもいない」とのデータを紹介。それを連日でやってのけた27歳には、「前例のないことを毎週のようにやっているが、この1週間もそうだった」と賛辞が送られている。

 なお、同日に米大リーグ機構(MLB)が発表した「週間MVP」は、アイザック・パレイデス(タンパベイ・レイズ)、フレディ・フリーマン(ロサンゼルス・ドジャース)が受賞。候補に名前が挙がっていた大谷は、惜しくも昨年7月以来となる5度目の選出を逃していた。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「またしても感動的な瞬間だ」エ軍監督代行も大谷翔平の“特大16号”を絶賛! 今週はスイングが「ずっと素晴らしかった」

【関連記事】「これ以上にない驚きだ!」大谷翔平が自己最多13K!前日2HR8打点の“二刀流”ぶりに現地メディアは驚愕「非常識だ」

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?