「あんな姿を見るのは初めてだ」“不調”トラウトに元同僚もショック隠せず! 3連戦でまさかの9三振「スイングするたびにアウトに」

「あんな姿を見るのは初めてだ」“不調”トラウトに元同僚もショック隠せず! 3連戦でまさかの9三振「スイングするたびにアウトに」

かつてエンジェルスでトラウトと共闘していた元同僚が、シリーズ3連戦での印象を語っている。(C)Getty Images

大スターが極度のスランプに陥っている。

【動画】苦しい状況が続くエンジェルス打線。アストロズ先発のバルデスに喫した13三振をチェック

 現地時間7月3日、敵地でヒューストン・アストロズと対戦したロサンゼルス・エンジェルスは、メジャー史上ワースト記録タイとなる1試合20三振を喫し、2対4とサヨナラ負け。同じアメリカン・リーグ西地区の首位チームに3連敗と力の差を見せつけられ、借金は今季最多の「7」に膨らんだ。

 低迷するエンジェルスのなかでも、とくに目立って結果を残せていないのが、この日、4打数無安打、2三振に終わったマイク・トラウトだ。このアストロズとのシリーズ3戦で11打席ノーヒットに終わった“主砲”は、1日から続いていた連続三振こそ「7」で止まったが、3日間で9三振という散々な内容に終始した。
  この結果を受け、2018年までエンジェルスに所属していたアストロズのマーティン・マルドナードは試合後、「トラウトと1年半ほど一緒にプレーしたが、彼があんなに何度も三振する姿を見るのは初めてだ。ショックを受けている」と正直な胸中を明かした。MLB公式サイトが報じた。

 さらに「彼がスイングするたび、アウトになってくれるような気がして、僕らにとってはラッキーだった」と感想を述べたマルドナードは、「彼はおそらく、このシリーズで悪い状態に陥っていて、我々はそれに付け入ることができたんだ」と続け、古巣との3連戦を総括している。

 なお、エンジェルスの大谷翔平は、1日に18号ソロを放ち、この日もタイムリー安打を放ったものの、いずれもチームに勝利に繋げられず。8年ぶりのポストシーズン進出を目指している今季だが、はたして後半戦でどこまで立て直せるだろうか。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】大谷翔平の6月のMVPは確定的!? 想像を超える偉才だけに許された「TWP」の“合わせ技”<SLUGGER>

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)