同僚スラッガーからも「本当に素晴らしい」と賛辞! 鈴木誠也への厚い信頼揺るがず「彼なら12インチ外れた球もホームランだ」

同僚スラッガーからも「本当に素晴らしい」と賛辞! 鈴木誠也への厚い信頼揺るがず「彼なら12インチ外れた球もホームランだ」

復帰早々に存在感を発揮している鈴木(左)。試合後には、同僚ハップ(右)も賛辞の言葉を送った。(C)Getty Images

サムライの2戦連発に同僚も驚きを隠せないようだ。

【動画】鈴木誠也が2戦連発! 地元メディアも注目した見事な“悪球打ち”をチェック

 現地時間7月4日、シカゴ・カブスの鈴木誠也は、敵地で行なわれたミルウォーキー・ブルワーズ戦に「4番・ライト」でスタメン出場し、5回の第3打席に勝ち越し6号2ランをマーク。5打数2安打3打点と目に見える結果を残し、8対3のチーム勝利に貢献した。

 5月下旬に左手薬指の負傷で負傷者リスト(IL)入りし、1か月以上に及ぶ治療や調整を行なってきた鈴木。6月30日から傘下3Aアイオワで3試合プレーすると、メジャー復帰を果たした前日に自身初のランニング本塁打を放ち、今回はそれに続く2戦連発となった。
 完全復活ともいえる活躍を見せたサムライには、チームメイトからも惜しみない賛辞が送られている。MLB公式サイトによると試合後、鈴木について復帰後の調子をどのように予想していたか問われたイアン・ハップは、「あの男を見たか?」と笑みを浮かべながら回答したという。

 まず、「彼は本当に素晴らしい」と称えると、ストライクゾーンから外れていた“悪球打ち”での6号に関しては、「内角に12インチ(約30.5センチ)外れた球でも、彼ならホームランにできると思っていた」とのコメント。一時の離脱を経てもなお、厚い信頼が寄せられているようだ。

 メジャーの舞台で再びその真価を発揮している鈴木。今後のパフォーマンスからも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】大谷翔平、鈴木誠也、ダルビッシュ有…MLB 2022シーズンで躍動する“サムライ”たちの厳選フォトを一挙紹介!

【関連記事】鈴木誠也の“レーザービーム”に米地実況も「狙撃したぞ」と熱狂! カブス専門メディアも強肩に「セイヤは何でもできる」と賛辞

【関連記事】メジャーの洗礼!? 鈴木誠也への“不可解ジャッジ”にカブスOBの米解説者が激怒!「セイヤは日本で首位打者になったんだぞ」

関連記事(外部サイト)