歴史的記録を塗り替え続ける大谷翔平に「言葉がない」。女房役スタッシも 「何よりも勝ちたい気持ちが強い」と感嘆

歴史的記録を塗り替え続ける大谷翔平に「言葉がない」。女房役スタッシも 「何よりも勝ちたい気持ちが強い」と感嘆

ハイパフォーマンスを見せつけた大谷(左)に対し、女房役スタッシ(右)も賛辞を惜しまない。(C)Getty Images

獅子奮迅の活躍を続ける二刀流スターに女房役も感嘆するばかりだ。

【動画】大谷翔平の101マイル剛速球! 圧巻の奪三振シーンをチェック

 現地時間7月6日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地マイアミ・マーリンズ戦に「3番・DH兼投手」で先発出場すると、7回(100球)を投げ、被安打2、10奪三振で8勝目(4敗)をマーク。打っても4打数1安打、2打点、1盗塁と目に見える結果を残した。

 この日、立ち上がりで1失点を喫したが、以降は完璧に立ち直り、終わってみれば、3試合連続の二桁奪三振をマーク。1920年に打点が公式記録となって以来、1試合で10奪三振と2打点、そして盗塁をマークした選手は史上初の選手となった。 試合後、地元放送局『Bally Sports West』のインタビューに応じた捕手マックス・スタッシは、大谷について「信じられない。言葉がないくらいだ」と口にし、「毎試合、何かしらメジャーリーグの記録が更新されているような気がしてしまう」と感想を語っている。

 さらに、「もっと(記録が)更新されるだろうと期待している」と続けると、「本当に信じられない。言葉にできないよ」と強調。「素晴らしい投手であり、素晴らしい打者でもあり、何より勝ちたいという気持ちが強いんだ」とミット越しに感じている印象を明かした。

 チームを5対2の勝利に導き、今季4度目の“連敗ストッパー”となった大谷。投打で躍動するそのハイパフォーマンスには、ただただ脱帽するばかりだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平の6月MVPは確定的!? 想像を超える偉才だけに許された「TWP」の“合わせ技”<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)