マーリンズ先発も大谷翔平との対決に「特別なことだ」と感激! “最高の選手”になるには「彼を倒さないといけない」

マーリンズ先発も大谷翔平との対決に「特別なことだ」と感激!  “最高の選手”になるには「彼を倒さないといけない」

マーリンズ先発のロジャース(左)は試合後、大谷(右)との対戦をどのように振り返ったのか。(C)Getty Images

驚異の二刀流パフォーマンスに賛辞の声が止まない。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平だ。

【動画】大谷翔平が投打で躍動! 自らを助ける2点タイムリー&101マイル剛速球をチェック

 現地時間7月6日、敵地で行なわれたマイアミ・マーリンズ戦に「3番・DH兼投手」で先発出場した大谷は、7回(100球)を投げ、被安打2、10奪三振で8勝目(4敗)をマーク。打っても4打数1安打、2打点、1盗塁と目に見える結果を残し、5対2のチーム勝利に貢献した。

 6月9日のボストン・レッドソックス戦から自己最長を伸ばす5連勝。さらに、22日のカンザスシティ・ロイヤルズ戦からは、3試合連続の2ケタ奪三振だ。打っても勝ち越しとなる2点タイムリーを放つなど、自らを援護する“二刀流エース”としての本領を存分に見せつけた一戦だった。
 一方、大谷と投げ合い、決勝打を浴びることとなったマーリンズ先発の左腕トレバー・ロジャースは試合後、「あのような相手と対峙するのは、かなり特別なことだ」と感想を口にし、「相手として関わることができて光栄に思う」と話したという。MLB公式サイトが伝えている。

 さらに、「『最高の選手になりたいなら、彼を倒さなければならない』と、いつも自分に言い聞かせているんだ」と続けると、マイク・トラウトを加えて「おそらく今、球界で最高のふたりだ」とコメント。「彼らを抑えて試合を進められれば、僕にとって意味のあることだろう」と語っていた。

 相手選手からもからも尊敬の眼差しが向けられる大谷。今後の一挙手一投足にも目が離せない。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平の6月MVPは確定的!? 想像を超える偉才だけに許された「TWP」の“合わせ技”<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)