【2022ドラフト候補ランキング|31~50位】ランクアップした近江・山田をはじめ、この春に急成長した選手が評価上昇<SLUGGER>

【2022ドラフト候補ランキング|31~50位】ランクアップした近江・山田をはじめ、この春に急成長した選手が評価上昇<SLUGGER>

夏本番前のドラフト候補ランキングの行方は? 一躍、評価を上げた山田(左)や大学ジャパンの杉沢(右)らが急成長。写真:塚本凛平(THE DIGEST)

前回は1月1日に公開した2022年ドラフト候補ランキング。今年のドラフトは、高校、大学、社会人とも絶対的な目玉は不在と言われているが、春のシーズンに大きくアピールした選手も少なくなかった。今回は高校野球の地方大会が本格化する前の段階でのランキングを発表したい。

▼31位:門別啓人[投手・東海大札幌高](前回順位:31位)
(もんべつ・けいと/左投左打)
 北海道を代表する高校生の本格派左腕。柔らかい腕の振りとバランスの良いフォームが持ち味で、好調時は145キロを超えるスピードもマークする。春の札幌地区予選では1試合20三振もマークして注目を集めた。コントロールは安定しているだけに、高い出力を長いイニングで維持することができれば、今年の高校生左腕でもトップの評価となりそうだ。
●タイプ診断:柔軟性◎

▼32位:長谷部銀次[投手・トヨタ自動車](前回順位:21位)
(はせべ・ぎんじ/左投左打/中京大中京高→慶応大)
 社会人で開花しつつある遅咲きの本格派サウスポー。慶応大では故障でわずかな登板に終わったが、素材の良さが評価されてトヨタ自動車に進み、昨年の都市対抗ではリリーフで好投を見せた。都市対抗予選では調子を落としていたが、春先は見事な投球を見せており、プロ側からの注目度も高い。本選で見事な投球を見せれば、上位候補に浮上する可能性もあるだろう。
●タイプ診断:遅咲き、本格派サウスポー

▼33位:戸井零士[遊撃手・天理高](前回順位:圏外)
(とい・れいじ/右投右打)
 今年の高校球界を代表する強打のショート。たくましい体格だが軽快なフットワークで膝の使い方、グラブさばきにも柔らかさがあり、難しいバウンドも難なく処理する。少し加減したような送球が目立つのは課題だが、地肩の強さも十分。また打撃も下半身が強く、緩急にしっかり対応して広角に強く弾き返すことができる。選抜では初戦で敗れたものの、ツーベースを放つなど攻守に抜群の存在感を示した。
●タイプ診断:堅実、強打
 ▼34位:吉田賢吾[捕手・桐蔭横浜大](前回順位:圏外)
(よしだ・けんご/右投右打/横浜商大高)
神奈川大学リーグを代表する強打の捕手。2年秋からクリーンアップを任されると、これまでリーグ戦通算打率4割をマークしている。年々長打力もアップし、この春は1試合3本塁打を含む6発を放って三冠王にも輝いた。スローイングの精度は少し課題だが、地肩も決して悪くない。打てる捕手として貴重な存在だ。
●タイプ診断:強打の捕手

▼35位:光弘帆高[遊撃手・履正社高](前回順位:圏外)
(みつひろ・ほだか/右投左打)
 高いレベルの三拍子揃った高校生ショート。グラブさばきの良さは抜群で、逆シングルでの難しいバウンドも軽々とさばくことができ、スローイングも安定している。打撃もこの春は明らかに力強くなり、長打力もアップした。春の大阪府大会決勝ではライバルである大阪桐蔭高から先制の適時三塁打を放つなど、多くのスカウトの前で見事なアピールを見せた。
●タイプ診断:三拍子揃ったショート

▼36位:山田陽翔[投手・近江高](前回順位:49位)
(やまだ・はると/右投右打)
 下級生の頃から甲子園で活躍している高校生右腕。今年の選抜高校野球も京都国際の辞退による急きょの出場ながら、見事なピッチングを連発してチームを決勝進出に導いた。上背はそれほどないものの高い位置から腕を振ることができ、角度のあるストレートと縦の変化球は一級品。ピンチに強く、走者を背負ってからも粘ることができるのも魅力だ。
●タイプ診断:甲子園のスター

▼37位:立松由宇[捕手・日本生命](前回順位:圏外)
(たてまつ・ゆう/右投左打/藤代高→立正大)
 社会人ナンバーワンの呼び声高い強肩強打の捕手。高校時代から打力には定評があったが、社会人でスローイング、キャッチングが驚くほどレベルアップした印象を受ける。持ち味の打撃も社会人1年目からしっかり結果を残している。残念ながら都市対抗出場は逃したものの、即戦力の捕手として注目度は高い。
●タイプ診断:即戦力捕手▼38位:関根智輝[投手・ENEOS](前回順位:19位)
(せきね・ともき/右投右打/都立城東高→慶応大)
 都立城東高校時代から東京都内では評判の右腕。慶応大では1年から先発を任せられながらも、2年以降は右ヒジの故障に苦しんだが、社会人で鮮やかに復活を果たした。欠点のないバランスの良いフォームでコントロールは社会人でもトップクラス。昨年12月の都市対抗でも初戦の先発を任せられて、7回途中まで四死球ゼロ無失点の見事なピッチングを見せた。
●タイプ診断:都立の星

▼39位:松井颯[投手・明星大](前回順位:圏外)
(まつい・はやて/右投右打/花咲徳栄高)
 首都リーグ二部で注目を集めている本格派右腕。花咲徳栄高では控え投手だったが、大学で着実に実力をつけてこの春からエースへと成長した。ストレートはコンスタントに150キロに迫り、スライダー、チェンジアップなど縦の変化球も打者の手元で鋭く変化する。残念ながら一部昇格は逃したが、投手としての総合力はリーグでも屈指の存在だ。
●タイプ診断:二部リーグの星

▼40位:高坂綾[投手・千葉経済大](前回順位:25位)
(たかさか・りょう/右投右打/流経大柏高)
 千葉リーグを代表する右腕。昨年秋はリーグ2位から横浜市長杯出場、そしてこの春は体調不良で出遅れたものの、チームを初のリーグ優勝に導いた。スライダー、カットボールなど小さく変化するボールの精度が高く、長いイニングを投げるスタミナも申し分ない。短いイニングでは150キロ近いスピードも計測する。大学選手権では悔しい結果に終わっただけに、秋はその悔しさを晴らす快投に期待したい。
タイプ診断:新興勢力
 ▼41位:西村瑠伊斗[外野手・京都外大西高](前回順位:圏外)
(にしむら・るいと/右投左打)
 関西を代表する左のスラッガー。昨年秋は投手を務めながら府大会5試合で5本塁打とアーチを量産して注目を集めた。軽く振っているようでも飛距離を出せ、左方向にも放り込むことができる。バットコントロールの良さも光る。投手としても145キロを超えるスピードを誇り、投打でチームを牽引する存在だ。
●タイプ診断:高校生スラッガー

▼42位:川原嗣貴[投手・大阪桐蔭高](前回順位:圏外)
(かわはら・しき/右投左打)
 この春、大きく評価を上げた大型右腕。昨秋と比べても明らかにフォームの安定感、腕の振りの力強さがアップし、ピッチングに凄みが出てきた。190cm近い長身でも身体の使い方が上手く、コントロールも安定している。選抜高校野球ではエース格として活躍し、チームの優勝にも大きく貢献した。
●タイプ診断:大型右腕、赤丸急上昇

▼43位:茨木秀俊[投手・帝京長岡高](前回順位:30位)
(いばらき・ひでとし/右投右打)
 北信越では同じ新潟の田中晴也(日本文理)と並んで注目を集めている大型右腕。長身だが身のこなしが軽く、フォームの流れがスムースで楽に腕を振ることができる。春の県大会ではまさかの大敗を喫したが、それでも素材の良さは誰しもが認めるところだ。体格に見合うだけのスピードが出てくれば、一気に評価も上がることになるだろう。
●タイプ診断:将来性◎

▼44位:杉沢龍[外野手・慶応大](前回順位:圏外)
(すぎさわ・りゅう/右投左打)
 東北大学球界を代表する左の強打者。この春は打率.550、4本塁打、14打点と見事な成績を残して三冠王に輝いた。上背はそれほどないが、大きい構えからのフルスウィングで広角に鋭い当たりを放つ。センターから見せるスローイングも低くて正確だ。大学日本代表候補合宿で攻守にアピールを見せ、見事代表入りをつかんだ。
●タイプ診断:リーグ三冠王▼45位:下山悠介[三塁手・慶応大](前回順位:38位)
(しもやま・ゆうすけ/右投左打)
 下級生の頃から常勝軍団を支える強打の内野手で、東京六大学では現役2位となるリーグ戦通算69安打を記録している。この春は打率.250と厳しいマークに苦しんだが、それでも2本のホームランを放ち、4割近い出塁率を残すなど存在感を見せている。脚力も申し分なく、サード、セカンドと複数のポジションを守ることができるのも魅力だ。
●タイプ診断:ヒットメーカー、ユーティリティ

▼46位:三塚琉生[外野手・桐生第一高](前回順位:圏外)
(みつか・るい/左投左打)
 北関東を代表する左のスラッガー。昨年夏は2番打者ながら長打を連発し、新チームからは不動の中軸として活躍している。無駄な動きの少ないスウィングで対応力も高く、この春は飛距離もさらにアップした。投手としても140キロを超えるスピードを誇るなど、外野から見せる強肩も魅力。外野手としての総合力は全国でも屈指の存在だ。
●タイプ診断:左のスラッガー

▼47位:萩尾匡也[外野手・慶応大](前回順位:圏外)
(はぎお・まさや/右投右打/文徳高)
 抜群の長打力と運動能力が光る外野手。完全にレギュラーとなったのはこの春からだが、5本塁打、17打点といずれもリーグトップの成績を残し、見事ベストナインに輝いた。インパクトの強いバッティングで右方向にも飛距離が出るのが持ち味。脚力も素晴らしいものがあるが、外野守備は捕球、送球ともに不安定だけに、秋はその課題を解消できるかがポイントになるだろう。
●タイプ診断:右の強打者
 ▼48位:三井健右[外野手・大阪ガス](前回順位:43位)
(みつい・けんすけ/右投左打/大阪桐蔭高→立教大)
 今年の社会人を代表する左のスラッガー。高校時代からその強打には定評があったが、大学、社会人と順調にレベルアップを果たしている。都市対抗予選でも厳しいマークの中、しっかりと成績を残した。バッティング以外のプレーは目立たないが、その長打力にプロからの注目度も高い。
●タイプ診断:社会人スラッガー

▼49位:黒田義信[外野手・九州国際大付属高](前回順位:45位)
(くろだ・よしのぶ/右投左打)
 九州を代表する強打の外野手。旧チームから4番、新チームでは1番や3番を任され、選抜高校野球でも見事なバッティングを見せた。身体はそれほど大きくないものの、全身を使ったフルスウィングで長打力も申し分なく、脚力も素晴らしいものがある。高レベルで三拍子揃った外野手として注目の存在だ。
●タイプ診断:走攻守三拍子

▼50位:橋本達弥[投手・慶応大](前回順位:圏外)
(はしもと・たつや/右投右打/長田高)
 東京六大学を代表するクローザー。高校時代から兵庫県内では評判の右腕で、大学でも着実にスケールアップを果たしている。150キロに迫るストレートと鋭く変化するカットボール、フォークを武器とし、安定感はリーグでも屈指。今春はリーグトップの防御率1.53(29.1回)をマークし、大学日本代表にも選ばれた。
●タイプ診断:リリーフタイプ

​​​​​​文●西尾典文

【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間400試合以上を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

【関連記事】【どこよりも早い2022ドラフト候補ランキング:1~10位】二刀流の大器・矢沢を含めトップ3は大学生<SLUGGER>

【関連記事】【どこよりも早い2022ドラフト候補ランキング:11~20位】西武ドラ1・隅田に投げ勝った加藤ら好投手が集結<SLUGGER>

【関連記事】【どこよりも早い2022ドラフト候補ランキング:21~30位】遅咲き社会人左腕に加え北海道、北信越の注目高校生投手も登場<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?