球宴投票でアストロズ公式は「スタッツを見てみよう」と呼びかけ! アルバレスと争う大谷翔平に「惜しくもない」との声も

球宴投票でアストロズ公式は「スタッツを見てみよう」と呼びかけ! アルバレスと争う大谷翔平に「惜しくもない」との声も

球宴ファン投票でデッドヒートを繰り広げているアルバレス(左)、大谷(右)。はたして最終結果はどうなるか。(C)Getty Images

ふたりのスラッガーがまさにデッドヒート状態だ。

【動画】今日も打った!“大谷のライバル”、アルバレスが豪快26号アーチ

 現地時間7月7日、オールスター・ゲームの先発野手を決める最終ファン投票の途中結果が発表され、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、アメリカン・リーグDH部門で得票率51パーセントを獲得。49パーセントのヨーダン・アルバレス(ヒューストン・アストロズ)を僅差でリードしている。

 投票締め切りの現地時間8日午後2時(日本時間9日午前3時)まで残り僅かとなるなか、両雄の数字に対しては、異議を唱える声も少なくない。なかでも、アストロズの公式ツイッターは7日、「DH部門が接戦になっているが、ここでスタッツを見てみよう」と綴り、次の数字をアピールした。
●アルバレス:26本塁打/OPS1.075/打率.312/長打率.665
●大谷:18本塁打/OPS.839/打率.259/長打率.495

 確かに、打者としての今季成績を比較すれば、アルバレスの方が優れているのは間違いないだろう。米紙『USA Today』にかつて在籍し、アストロズの情報を中心に発信しているマイケル・シュワブ記者も、この投稿をリツイートしたうえで、「惜しくもない」と指摘。ファンに「投票しよう!」と呼びかけている。

 ただ、オールスターは、あくまで“ファン投票”であり、スタッツがすべてでないことも事実だ。はたして最終的に選ばれるのは、アルバレス、大谷のどちらになるだろうか――。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?