【2022ドラフト候補ランキング|11〜20位】専修・菊地、大阪ガス・河野ら本格派右腕が存在感。高校&大学ナンバーワン捕手も登場<SLUGGER>

【2022ドラフト候補ランキング|11〜20位】専修・菊地、大阪ガス・河野ら本格派右腕が存在感。高校&大学ナンバーワン捕手も登場<SLUGGER>

河野(左)や野口(右)ら即戦力&上位指名候補がランクイン。写真:塚本凛平

前回は1月1日に公開した2022年ドラフト候補ランキング。今年のドラフトは、高校、大学、社会人とも絶対的な目玉は不在と言われているが、春のシーズンに大きくアピールした選手も少なくなかった。今回は高校野球の地方大会が本格化する前の段階でランキングを作成。ここでは11〜20位の選手を紹介する。

▼11位:菊地吏玖[投手・専修大](前回順位:4位)
(きくち・りく/右投右打/札幌大谷高)
 東都2部所属ながら、上位候補に名を連ねている本格派右腕。ストレートのアベレージは140キロ台中盤とそれほど目立った速さはないものの、ここ一番ではギアを上げて力で勝負することができる。コントロール、変化球も高レベルだ。

 昨年春、今年春と惜しくも優勝を逃して秋も2部でプレーすることが決まったが、大学日本代表候補合宿ではさすがの投球を見せて代表にも選出された。先発タイプの大学生投手としては指折りの存在と言えるだろう。

●将来像:涌井秀章(楽天)
●タイプ診断:#安定感◎ #東都二部


▼12位:河野佳[投手・大阪ガス](前回順位:6位)
(かわの・けい/右投右打/広陵高)
 高校卒2年目にして社会人トップに上り詰めた実戦派右腕。広陵高ではエースとして出場した3年春の選抜で最速150キロをマークして注目を集めた。昨年の日本選手権でも151キロをマークしているが、持ち味はスピードよりもコントロールと投球術。

 昨年は日本選手権、都市対抗でいずれも圧巻のピッチングを見せ、社会人野球の年間ベストナインにも選ばれている。今年は社会人で初黒星を喫するなど苦しい試合もあったが、それでも大きく崩れることはない。負けたら予選敗退となる都市対抗の第5代表決定戦でも完封勝利と見事な投球を見せた。

●将来像:美馬学(ロッテ)
●タイプ診断:#安定感 #即戦力
 ▼13位:斉藤優汰[投手・苫小牧中央高](前回順位:26位)
(さいとう・ゆうた/右投右打)

 好素材の多い今年の北海道の中でもナンバーワンの呼び声高い高校生の大型右腕。190p近い長身だが、ギクシャクしたところがなく、バランス良く高い位置から腕を振ることができている。冬の間に身体つきが明らかに大きくなり、それに伴ってスピードもコントロールも大きく成長。

 春の室蘭地区予選では最速151キロをマークし、全道大会でも強豪の北海を相手に11奪三振2失点完投勝利を挙げた。ストレートに関しては今年の高校生でもトップの迫力を誇る。まだまだ粗削りだが、将来のエース候補が欲しい球団にとっては垂涎の存在となるだろう。

●将来像:大瀬良大地(広島)
●タイプ診断:#将来性◎ #大型右腕


▼14位:仲地礼亜[投手・沖縄大](前回順位:24位)
(なかち・れいあ/右投右打/嘉手納高)

 昨年の大学選手権で彗星のように現れた地方リーグの本格派右腕。初戦で名城大に0対1で敗れたものの、最速149キロをマークしたストレートを武器に自責点0と見事な投球を見せた。この春はあと一歩で大学選手権出場を逃したが、ストレート、コントロール、変化球いずれもさらにレベルアップした姿を見せている。総合力、将来性ともに大学生投手では上位の存在であり、沖縄の大学から初となるドラフト指名の可能性も高いだろう(過去にドラフト外の入団はあり)。

●将来像:千賀滉大(ソフトバンク)
●タイプ診断:#地方リーグ #赤丸急上昇
 ▼15位:松尾汐恩[捕手・大阪桐蔭高](前回順位:39位)
(まつお・しおん/右投右打)
 
 逸材揃いの大阪桐蔭で旧チームから活躍している強打の捕手。スムースに鋭く引っ張る打撃が持ち味で、昨年秋の明治神宮大会、今年春の選抜といずれも決勝戦でホームランを放ち、チームの優勝に大きく貢献した。

 課題と言われたキャッチングも確実にレベルアップしており、スローイングの速さも高校生ではトップクラス。打撃もバットを引く動きが徐々に小さくなり、確実性もアップしている。打てる捕手として、プロで早くから鍛えてもらいたい素材だ。

●将来像:城島健司
●タイプ診断:#打てる捕手 #甲子園の星

▼16位:金村尚真[投手・富士大](前回順位:10位)
(かねむら・しょうま/右投右打/岡山学芸館高)
 東北の大学球界ではナンバーワンの実力派右腕。レベルの高い投手陣の中でも1年春から先発を任せられると、2年秋から2季連続でMVP受賞、リーグ戦通算防御率は0点台を誇る。

 沢村賞投手の摂津正を彷彿とさせる小さいテイクバックが特徴で、身体の近くでシャープに腕を振ることができ、コーナーに投げ分ける制球力は大学球界屈指。今年の大学選手権では延長タイブレークの末1回戦で敗れたものの、さすがの安定感を見せてプロのスカウト陣にアピールした。

●将来像:摂津正
●タイプ診断:#地方リーグ #不動のエース▼17位:森下翔太[外野手・中央大](前回順位:15位)
(もりした・しょうた/右投右打/東海大相模高)

 東海大相模時代から高い注目を集めている右のスラッガー。中央大では入学直後からレギュラーをつかみ、1年春から早くも大学日本代表に選ばれている。その後は低打率のシーズンが続き、確実性が課題となっていたが、この春は1年春以来となる打率3割をマークし、3本塁打を放つなど結果を残して見せた。打撃だけでなく、外野の守備力の高さも持ち味。貴重な右のスラッガータイプであり、中軸候補が欲しい球団には魅力的な人材と言えるだろう。

●将来像:中田翔(巨人)
●タイプ診断:#フルスウィング #大砲候補
 ▼18位:野口泰司[捕手・名城大](前回順位:18位)
(のぐち・たいし/右投右打/栄徳高)

 強打が魅力の大型捕手。高校時代から愛知県内では評判の選手で、大学でも攻守に順調な成長を見せている。昨年の大学選手権では7割を超える打率をマークすると、今年も春のリーグ戦、大学選手権ともしっかり結果を残し、大学日本代表にも選出された。少し外国人のようなスタイルの打ち方だが、長打力と確実性を兼ね備えている。スローイング、フットワークも高レベルで、総合力では大学ナンバーワン捕手と言えるだろう。

●将来像:會澤翼(広島)
●タイプ診断:#大舞台に強い #強打の捕手


▼19位:友杉篤輝[遊撃手・天理大](前回順位:圏外)
(ともすぎ・あつき/右投右打/立正大淞南高)

 関西の大学球界を代表するショートストップ。小柄だがプレーのスピードは抜群で、フットワーク、持ち替えの速さ、正確なスローイングなどどれをとってもアマチュアではトップクラスのレベルにある。バットコントロールの良い打撃と積極的な走塁も一級品で、これまで2度の首位打者に輝き、この春は10試合で10盗塁もマークした。リードオフタイプの大学生としては田中幹也(亜細亜大)と並ぶ存在である。

●将来像:今宮健太(ソフトバンク)
●タイプ診断:#守備名人 #スピードスター▼20位:青山美夏人[投手・亜細亜大](前回順位:28位)
(あおやま・みなと/右投右打/横浜隼人高)

 今年の東都1部を代表する大型右腕。昨年秋までは故障もあって調子の波が大きかったが、この春はフル回転の活躍でチームのリーグ優勝、そして大学日本一にも大きく貢献した。長いリーチを生かした腕の振りで、ボールの角度は素晴らしいものがある。体幹の強さ、体重移動のスピードなどまだ物足りない部分もあるだけに、まだまだ伸びる可能性も高い。ポテンシャルに見合う体力がつけば、コンスタントに150キロを超えてくることも期待できるだろう。

●将来像:石川歩(ロッテ)
●タイプ診断:#未完の大器 #大学選手権優勝

文●西尾典文
【著者プロフィール】
にしお・のりふみ。1979年、愛知県生まれ。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。アマチュア野球を中心に年間約300試合を取材。2017年からはスカイAのドラフト中継で解説も務め、noteでの「プロアマ野球研究所(PABBlab)」でも多くの選手やデータを発信している。

関連記事(外部サイト)