「仲間に入れて幸せだ」アルバレスが大谷翔平&ジャッジとの“MVP争い”に言及! 現在のパフォーマンスは「簡単なことじゃない」

「仲間に入れて幸せだ」アルバレスが大谷翔平&ジャッジとの“MVP争い”に言及! 現在のパフォーマンスは「簡単なことじゃない」

ア・リーグのMVP争いでジャッジ(左)、アルバレス(中央)、大谷(右)の3選手に注目が集まっている。(C)Getty Images

好調を維持する“キューバの怪物”が、注目度を高めている今季のMVPレースについて口を開いた。

【動画】これぞオールスター級のパワー! 大谷翔平の圧巻“19号アーチ”をチェック

 現時点でアメリカン・リーグMVPの有力候補には、アーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)と大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が挙げられる。そして、このふたりとともに大きな存在感を放っているのが、ヒューストン・アストロズの若き主砲ヨーダン・アルバレスだ。

 現地7月9日の試合終了時点で、打率.306、26本塁打、60打点、さらにメジャートップのOPS1.058(出塁率.405+長打率.653)という圧巻の打撃成績。6月の月間MVPにも選ばれるなど、攻撃力が求められるDHというポジションにおいて、傑出した活躍ぶりを見せている。
  そんなアルバレスは現地時間9日、MLB公式ネットワーク局『MLB Network』の番組「MLB Central」に出演。ジャッジ、大谷とのMVP争いについて問われると、通訳を介して「球界最高の選手たちに仲間に入れるのは、本当に幸せなことだ」と率直な心境を明かした。

 さらに「毎日、自分のできるベストを尽くそうと心掛けている」と続けたアルバレスは、現在のハイパフォーマンスについて、「我々はここへ向けて多くの練習、そして時間を費やしてきた。だから、そんなに(この活躍は)簡単なことじゃないよ」と冷静にコメントしている。

 はたして今季、“選手最高の栄誉”に輝くのは、誰になるのだろうか。2年連続受賞がかかる大谷とともに、ライバルたちの動向も見守っていきたい。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】検証:大谷翔平が本塁打を打った“通算100試合”でエンジェルスは何勝した? 「なおエ」が席巻した2021年はまさかの…<SLUGGER>

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?