【西武】源田壮亮、増田達至ら6選手とスタッフ2人が新型コロナ陽性判定。チーム活動に変更はなし

【西武】源田壮亮、増田達至ら6選手とスタッフ2人が新型コロナ陽性判定。チーム活動に変更はなし

新型コロナ感染が判明し、チーム活動から外れた増田(左)と源田(右)。写真:THE DIGEST写真部

7月13日、西武は、源田壮亮、増田達至ら6選手とチームスタッフ2人、計8人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと球団公式サイトで発表した。

【PHOTO】ベルーナドームを華やかに彩る西武ライオンズ公式パフォーマンスチーム「bluelegends」を特集!

 前日の本拠地ベルーナドームで行なわれたロッテ戦の試合前に1軍とファームの監督、コーチ、選手、チームスタッフを対象にスクリーニングのためPCR検査を実施。そのうち陽性反応を示したのは、源田壮亮、高木渉、増田達至、浜屋将太、公文克彦、スミスの6選手、チームスタッフ2人の計8人となった。

 浜屋は喉の痛みと頭痛、公文は喉の痛みの症状が出ているが、その他6人は無症状。陽性判定者と濃厚接触の疑いがあるチーム関係者はおらず、チーム活動に変更等はないという。
  西武では7月11日にも松井稼頭央ヘッドコーチが発熱の症状を訴え、抗原検査を受けたところ陽性が判明し、同12日に1軍ベンチから外れている。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】西武・オグレディ、実は“鉄道好き”だった!SNSでその理由を明かす「飛行機は怖くないよ」

【関連記事】「“どすこい”と笑顔を届けたい」山川穂高が5月度月間MVPに!メンタルアドバイザーを務める女性医師も歓喜

【関連記事】西武は文句なしでカブレラを選出。“不作”のオリックスやロッテは優勝の功労者がトップに 【平成・令和パ・リーグ6球団最強助っ人は誰だ】<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?