アストロズ主砲も「僕の打席は悪くなかった」とお手上げ! 大谷翔平の“奪三振ショー”を絶賛「相手によって攻め方が違うんだ」

アストロズ主砲も「僕の打席は悪くなかった」とお手上げ! 大谷翔平の“奪三振ショー”を絶賛「相手によって攻め方が違うんだ」

アストロズのブレグマン(左)は試合後、大谷(右)が見せた快投に賛辞を惜しまなかった。(C)Getty Images

サムライの“奪三振ショー”に相手主砲も感嘆するしかないようだ。

【動画】これぞオールスター級! 大谷翔平が躍動した“圧巻12Kハイライト”をチェック

 現地時間7月13日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が、本拠地ヒューストン・アストロズ戦に「1番・DH兼投手」で先発出場し、6回(105球)1失点、4安打、12奪三振の快投で9勝目(4敗)をマーク。打っても4打数2安打2打点、1四球と躍動し、7対1のチーム勝利に貢献した。

 エンジェルスの先発投手としては、1972年6月27日のノーラン・ライアン以来、50年ぶりとなる三塁打を放ち、またも球団史に新たな1ページを刻み込んだ大谷。さらに、4登板連続の二桁奪三振も記録したが、こちらは球団でライアン以来、日本選手として野茂英雄に続く偉業達成となった。
 勢いが止まらない“投手・大谷”についてこの日、4打数1安打に終わったアストロズの4番アレックス・ブレグマンは、「良い球をたくさん持っていて、相手によって攻め方が違うんだ」と話し、「速球が本当に早いし、スライダーは曲がる。スプリットやカーブもね」と称賛しているという。MLB公式サイトが伝えた。

 また、アストロズの地元紙『Houston Chronicle』によると、ブレグマンは、「僕の打席は悪くなかった」と振り返りながらも、「もっといい仕事ができたはずだし、それは分かっている」とコメント。「脱帽だ。今日はいいピッチングだった。明日からまた頑張るよ」と続けている。

 メジャーの猛者たちを翻弄し続ける大谷。前半戦最後の登板で、早くも昨季の自己最多に並ぶ9勝目をマークしたが、はたして今後この数字をどこまで伸ばしていけるだろうか――。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

【関連記事】大谷翔平の6月のMVPは確定的!? 想像を超える偉才だけに許された「TWP」の“合わせ技”<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)