“二刀流”大谷翔平は「道を切り開いてくれる偉大な存在」 ジャイアンツドラ1からも畏敬の念「本当に見ていてかっこいい」

“二刀流”大谷翔平は「道を切り開いてくれる偉大な存在」 ジャイアンツドラ1からも畏敬の念「本当に見ていてかっこいい」

今季も投打で圧巻のパフォーマンスが続く大谷。その存在に、期待の新鋭も憧れの眼差しを向けている。(C)Getty Images

サムライが他球団の逸材からもリスペクトを集めている。

【動画】大谷翔平が投打で躍動! 前回登板時の“101マイル剛速球&2点タイムリースリーベース”をチェック

 現地時間7月17日、メジャーリーグのドラフト会議がロサンゼルス市内で始まり、サンフランシスコ・ジャイアンツは、コネティカット大のレジー・クロフォードを1巡目(全体30番目)で指名。指名時には「TWP(Two Way Player/二刀流選手)」として登録された。

 地元放送局『NBC Sports Bay Area』によると、球団側は、投手と一塁手を兼務していた21歳を二刀流として育成させるつもりだという。それゆえに本人は、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平に対し、「我々のような選手に道を切り開いてくれる偉大な存在」と畏敬の念を滲ませている。
 さらに、「それ(メジャーでの二刀流)は簡単じゃないし、当然ながら彼のことを尊敬している」と続けると、自身の経験から「心身ともに負担がかかるものなんだ」ともコメント。「そういった逆境に打ち勝っている彼の姿は、本当に見ていてかっこいい」と賛辞を惜しまなかった。

 なお、今回のドラフト会議では、アトランタ・ブレーブスが、リバーサイドブルックフィールド高のオーウェン・マーフィーを1巡目(全体20番目)で指名したが、こちらも投手兼内野手の二刀流として育成される見込みだ。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷の活躍は史上最も素晴らしいストーリーだ」米国人で誰よりも近くで大谷を見てきた記者が語る“SHO-TIME”の真実<SLUGGER>

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)