「あとは残り選手次第」エンジェルスの前半戦をMLB公式が酷評! 一方、大谷翔平は「MVP級のシーズンを送っている」

「あとは残り選手次第」エンジェルスの前半戦をMLB公式が酷評! 一方、大谷翔平は「MVP級のシーズンを送っている」

苦境に喘ぐチームで孤軍奮闘を続けている大谷。はたして後半戦では、どんなパフォーマンスが見られるだろうか。(C)Getty Images

苦境続きのチーム状況に現地からも厳しい声が絶えない。

【動画】大谷翔平が投打で躍動! アストロズ戦の“101マイル剛速球&2点タイムリー三塁打”をチェック

 球宴明けのシーズン後半に突入した現地時間7月21日、MLB公式サイトは、メジャー全30球団の評価を記した“中間レポート”を掲載。それぞれのチームが4段階評価に振り分けられたなか、大谷翔平の所属するロサンゼルス・エンジェルスには、その最低評価が下された。

 前半戦を終え、39勝53敗、勝率.424のアメリカン・リーグ西地区4位に沈んでいるエンジェルス。首位ヒューストン・アストロズに20.5ゲーム差と突き放され、ワイルドカード争いでも後れをとっている。チームの立て直しを求める声が高まるなか、同サイトからの見解も厳しい。
 まず、「トレード期限には売り手となる可能性が高い」との分析から始まったトピック内では、「シーズン負け越しにならないためにも巻き返しが必要だ」との指摘。「二刀流スターのショウヘイ・オオタニがまたもMVP級のシーズンを送っているが、あとは残りの選手たち次第」との分析もなされた。

 サムライの登板試合以外では、“泥沼の13連敗”を喫しているエンジェルス。はたして残りのシーズンは、この“大谷しか勝たん”状況から脱出となるだろうか――。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷の活躍は史上最も素晴らしいストーリーだ」米国人で誰よりも近くで大谷を見てきた記者が語る“SHO-TIME”の真実<SLUGGER>

【関連記事】「連敗ストッパー」投手・大谷翔平が凄すぎる。“投手一本”でも一流の域で、防御率は驚異の0.32!<SLUGGER>

関連記事(外部サイト)